医師の社会保険

医師の社会保険

社会保険とは社会保障制度のひとつです。国民一人一人が生活する上で、病気やケガ、高齢化、労働時の災害、失業、介護が必要になった時に備えて、事前に強制的に保険に入りこうした事態になった時に生活を保障する相互扶助の仕組みです。社会保険には、病気やケガをした時のための「医療保険」、高齢を迎えた時の「年金保険」、介護が必要になった時の「介護保険」、失業した時のための「雇用保険」、労働中や勤務時に事故または災害にあった時のための「労災保険」の5種類があります。

 医師の場合、病院や医療機関に勤務している時には勤務先が保険に加入しますが、勤務していた病院を辞めて病院や診療所を開業する時には住んでいる市町村国保か医師国保へ加入する必要があります。都道府県ごとに医師国保(医師国民健康保険)があり、保険の加入条件は、加入を希望する都道府県医師会の会員である医師、指定の区域内に住所を有する方、組合員と同一世代に属する方(家族)など条件があります。

医師という職業の場合、転勤・転職・離職など勤務先を二転三転変える医師は少なくありません。キャリアアップを目指して他の病院に移る医師もいれば、医師という資格を活かして異業種へキャリアチェンジする医師もいます。海外へ渡り留学する医師もいれば、一念発起で開業する医師もいます。基本的に社会保険は自分が所属する勤務先、または雇用形態に付随するため職場や立場がコロコロ変わる医師は、その都度社会保険の手続きが発生します。 健康保険は、国民健康保険に加入するか、家族が加入している健康保険に被扶養者として加入する。年金に関しては国民年金に第1号被保険者として加入します。雇用保険においては再就職を希望する場合は、求職の申し込みをして、失業保険を受給するための手続きを行います。社会保険の手続きを怠ると例えば年金では後から未納入の月が出てきたり…、未納入分をさかのぼって支払える期限が過ぎていたり…と、虫食いだらけの納入状況になってしまう人もいるようです。忙しくても面倒でも社会保険の手続きをきちんと行っておくことが大切です。

基本的に医師年収は高く平均しても1,200万円の相場です。場合によっては3,000万円、4,000万円と非常に高い収入を得る医師もいます。また医師という職業柄定年なく働くことができますが、医師とはいえケガ・病気・事故などいつ働くことができなくなるかは誰にも分かりません。将来介護や年金を必要とする時がこないとも限りません。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.