医師の資金調達

医師の資金調達

医師の中にはクリニックや医院の開業を検討している方もいますし、不動産投資で副収入を得たいと考えるケースもあります。開業するにしても不動産投資をするにしても大きな資金が必要になりますが、自己資金で全てを準備できる人は高収入の医師であっても少ないです。その為、ほとんどのケースで融資や住宅ローン(アパートローン)といった形により、金融機関から融資を受けて資金調達をすることになります。ちなみに融資を受ける場合には、配偶者も収入を得ることができると考えられることから、単身者よりも配偶者がいる人の方が比較的有利になるケースがあります。また、アパートローンなどを利用する場合には連帯保証人が必要になる場合が少なくないので、配偶者がいれば連帯保証人にすることができるのです。

医師としては金利や期間など様々な要素から有利な融資先(ローン)となる金融機関を選ぶことになりますが、同様に融資する側も人を選ぶことができます。本来金融機関の融資担当者にとってお金を貸すことは仕事ですが、信用が大切で資金調達が必要な医師に対して、融資をして大丈夫なのかを検討するものです。実は金融機関や商品によって異なりますが、不動産投資をするために個人で借りられるローンの融資額は、年収の約10倍程度が上限になっています。例えば年収1,000万円の会社員なら約1億円程度の融資が受けられるので、どうしても融資担当者は融資に対して慎重になることは当然と言えます。

また金融機関にもよりますが、医師であれば年収の約25倍前後までの融資を検討してくれるケースも少なくありません。その為、年収の低い医師であっても年収の高い外資系企業の会社員よりも融資を受けやすいですし、高額の資金調達も可能になります。これは不動産に対する融資だけではなくて、クリニックや医院の開業資金にも言えることで、医師ならではの大きなメリットのひとつです。それから独立行政法人福祉医療機構や医師信用組合をはじめ、自治体の創業支援融資制度など、一般の金融機関と共にも様々な制度を活用することもできます。こうした制度を利用すれば、固定金利で有利に資金調達することも可能で、医師という肩書きは資金調達にも威力を発揮してくれるのです。このように資金調達において医師ならではの大きなメリットがいくつかあるので、どれが本当に得なのかという視点から最も有利な資金調達先を選ぶように心がけましょう。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。


医師年収アップランキング

医師年収の基礎知識

年収アップを支援する
転職エージェント

年齢別の医師年収

年収別の医師求人

その他の医師年収関連


▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2018 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.