離島の医師の年収

離島の医師の年収

一般的に東京や大阪といった都心には大手企業が集中し、雇用機会が多いとともに地方より給与は高めです。しかしながら医師や薬剤師といった医療従事者の場合、深刻な医師不足、地域医療の疲弊からこのセオリーが逆転する事態が起きています。つまり医師年収は地方や辺ぴな僻地に行けば行くほど高額になる傾向があります。離島もその僻地のひとつです。

離島の医師年収は、勤務する場所や離島の病院もしくは診療所規模などにもよりますが、月収は約70〜80万円、年収は1,000万円前後あるようです。大抵一般的な医師40代半ば〜後半で月収約100万円ですが、離島勤務では20代後半の若手の医師でも約1,000万円の収入がありケースによってはそれ以上、2,000万円近くオファーしてくる病院もあるそうです。それだけ離島や僻地の医療を守るには医師を必要としており、高額でも破格でも医師に来てもらわなければその地域は終ってしまう…という現実があるのです。

 高い年収が期待できる離島勤務ではありますが、離島ゆえの苦労やデメリメットもあります。生活面ではとにかく田舎のため、交通の便が悪く都会へのアクセスが皆無に等しい状態です。当然、娯楽やレジャーといった文化的施設に乏しく、輸送コストがかかるため意外に物価が高いという難点もあります。また島民の人間関係が非常に密で、全員が家族・親戚という意識が強いところもあるでしょう。仕事面においては、島民の生命と健康全ては自分の責任と判断にゆだねられるというプレッシャーがあります。交通の便が悪いために急患の搬送に難を生じたり、先端医療がないために新しい医療技術や知識の習得は難しい環境になります。

  しかしながら文化的施設がない、都会へのアクセスがない、といった点をポジティブにとらえることができれば、大自然の中で時間的余裕や心のゆとりを持ちながら生活と仕事を両立できる最高の環境!とも考えられるのです。市販品は高くても野菜や魚介は地のものを安く新鮮に手に入れることができ、収入があるわりには住居費など生活コストが安いメリットもあります。仕事においては全責任を負う事で医師の原点であるジェネラリストを目指すことができ、自分が目指す医療を追求することもできるでしょう。

 最先端医療に携わる医師も、離島や僻地の地域医療に奮闘する医師も、人の健康と生命を守り救う同じ使命を抱いていることに代わりはないはず。考え方ひとつで医師として貢献できるフィールドは広がります。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.