医師の年金

医師の年金

年金とは社会制度のひとつで終身または一定期間にわたって、毎年定期的に一定の金額を給付する制度です。また老齢・障害・死亡などを保険事故とし、被保険者や遺族の生活保障を目的としています。年金には色々と種類があり、国民年金・厚生年金・共済年金などの公的年金と、企業年金・団体年金、個人年金などの私的年金などがあります。

 年金は就労の有無や就労先によって国民年金・厚生年金・共済年金などの年金の種類が都度、変わります。ある医師が医師免許取得後、特定の医療機関に入職から定年まで勤務し続けたとすれば、年金の変更や更新などをする必要がなく制度に則って年金を計算し支払われるでしょう。 しかし医師という職業の場合、まず医師免許に定年というものがなく、医師として働くには年齢制限がありません。また転勤・転職・離職など勤務先を二転三転変える医師は少なくありません。公立系、私立系と病院を転々とし最終的に開業する医師もいれば、30代で8箇所も職場が変わったという医師もいるくらい、医師市場・業界は入れ替わりが激しいようです。

 一般的なサラリーマンの転職や職換えとは異なり、医師の場合には医師免許という確固たる国家資格を持ち、ゆるぎない特殊スキルと知識を持ち合わせます。そのためそのスペシャリスト性を武器に病院形態や病院規模に関わらず、仕事のチャンスを探すことができ、転職することがひとつのキャリアアップとして必要になることもあります。そうして職を点々としていると、その都度年金も国民年金にしたり…、厚生年金に切替えたり…、と忙しく、多くの医師は年金受給を期待していないようです。 もちろん働く医師にも年金をもらう権利はありますが、職場をコロコロ変えるがゆえに実際には後から未納入の月が出てきたり…、未納入分をさかのぼって支払える期限が過ぎていたり…と特に公的年金は虫食いだらけの年金納入状況で、年金に頼るよりも働けるうちは現役医師として現場に立ち、自分で老後に備える!という医師も多いようです。

医師が定年なく働くことができる職業とはいえ、ケガ・病気・事故などいつ働くことができなくなるかは誰にも分かりません。医師にも安心して暮らすことができる保障と老後の備えは必要です。日本医師会などでは「医師による医師のための年金」として、一般的な年金制度にはないオリジナルの特長を持たせた私的年金を運営しています。備えて憂いのない悠々自適な老後を目指したい人は、高額年収の医師でもコツコツ積重ねることが必要とされます。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.