勤務医の医師年収

勤務医の医師年収

生命のスペシャリスト・医師の年収は常に1,000万円を超える高額年収です。平成22年度の統計では医師の平均月収は約88万円、ボーナスを含めた年収は約1,200万円となっています。

医師の年収は勤務する病院規模や、大学病院か民間の私立病院かといった病院の形態、専門とする診療科、勤務する地域などによっても大きな差があります。勤務医は病院や医療機関に勤務する医師であるため、前述した要素が年収に反映してきます。 勤務医の年収傾向としては、まず国立の大学病院と民間の私立病院では私立病院の方が高額になります。病院規模が大きくても国立や県立の病院に勤務する医師はいわば公務員。特別職の公務員であるため給与は高額ですが民間には及びません。また医師や薬剤師などの医療従事者は都心よりも地方に勤務する方が高年収の傾向にあり、勤務医の場合、医師不足が深刻化している地域では若い医師であっても医師は医師、年収2,000万円以上の引き合いもあるようです。

さらに勤務医でも眼科や耳鼻科といった診療科を専門とする医師の年収よりも、外科や特に手術に関わる医師の年収の方が高額と言われています。その根源はいわゆる謝礼金です。多くの病院に見られる「職員に対する謝礼等は、固くお断りいたします」の建前貼り紙の裏では患者さんからの謝礼金・アングラマネーは横行し、医師への謝礼金市場は年間2,700億円以上!慶応大学病院の医師がある患者さんの遺産を相続して問題になったこともあるほどです。謝礼によって医療の質に差がないことを信じますが、謝礼金の存在は間違いないのです。

医師とは病気やケガを治す絶対的な存在であり、その手に人の生命がゆだねられます。そのため医師になるには、医大や医学部で6年間の学業を積み、医師国家試験を経、さらに研修医として臨床で多くの経験を重ねる、というように医師として活躍できるようになるまでには非常に長い時間を必要とし、その間に人の生命を預かれるだけの知識と技術を習得しなければなりません。特別な知識やスキルとともに、生命への倫理観や人道性を備えた高い人間性も必要とされます。 医師の技能は一朝一夕で得られるものではばく、医師となってからも進歩を続ける医学・医療に対する知識・技術の自己研鑽は続き、生命を救う方策を考え抜くことが大きなミッションとなってきます。その大きな課題を追い続けなくてはならない医師の年収は、単に高い低いで計り知れない部分があると言って良いでしょう。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.