研修医の医師年収

研修医の医師年収

医師になるためには医大や医学部で6年間の学業を積み、医師国家試験を経、さらに研修医として臨床で多くの経験を得て一人前の医師として活躍することができます。医師の技能とは一朝一夕で得ることができるものではなく、莫大な知識と様々な高度な能力を、ある程度の時間をかけて磨き、人の生命を預かるだけの確かな知識と技術にしていかなければなりません。研修医とは医師のたまごであり、独り立ちする前の大切なプロセスです。

 医師国家資格を持ちながらも、まだ病気の診断や具体的な治療に半人前な研修医は、かつて奴隷のようにコキ使われ、さらに月収は10万円にも満たない時代もありました。大学を卒業し、医師免許も取得しているのにもかかわらず、研修医の収入が少な過ぎて仕送りがないと生活していけない…、複数アルバイトを掛け持ちして生活をやりくり…、ということもあったようです。

しかし当直や、徹夜、時間外勤務など激務な上、労働基準の最低賃金を下回る状況は明らかで、2004年には厚生労働省からの勧告もあり、大学卒業・医師免許取得後は初期臨床研修2年間が義務化され、アルバイトを禁止する代わりに給与が30万円程度に保障されるようになりました。 国公立の大学病院なら厚生労働省の規定通り月収は約30万円前後、私立の大学病院や都内の有名病院では約20〜25万円、医師不足が深刻な地方や僻地の病院の場合には35万円以上の所もあります。一般に医師や薬剤師といった医療従事者の年収は、都心よりも地方で高収入傾向があり、研修医においても例外ではないようです。浪人や落第にあぶれずストレートで研修医まできた人は、若干24歳で月収30万円を得、2年後研修を終えて正式な医師となれば月収は50〜60万円と、約倍額に跳ね上がります。

 月収・年収が一般並みに保障されるようにはなりましたが、研修医の激務・ハードワークは変わっていないようです。研修医期間中は単独で医療行為をしないことを原則としていますが、病院による違いはかなり大きくあり、医師が少ない病院では研修医でも戦力として仕事はどんどん任され、実地で学んでいくことも多くあります。研修医とはいえ、医師免許を持っている以上プロとしての対応を求められるため、緊張とともに精神力も要します。救急やファーストコールに応対していると、家に帰れない、睡眠時間が充分に取れない、という状況もあり、一人前の医師になるための試練のプロセスと言えるでしょう。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.