医師の金持ちはいくらから?

医師の金持ちはいくらから?

医師平均年収は約1,200万円と言われ、様々な業種・仕事がある中でも高い年収を得ることができる職業です。平均では年収額が約1,200万円ではありますが、副医院長、院長クラスになれば年収は1,500万円を超え、2,000万円近く得ている方も少なくありません。開業医にいたっては年商2,000〜3,000万円とも言われています。 また全体的に医師数が少ない、小児科・産婦人科・麻酔科・特に手術を担当する外科の医師などは、年収3,000万円を超える高額年収を得る傾向にあります。さらに日本の場合、地域による医師年収の差が大きく、その差は約2倍になるとも言われています。深刻な医師不足に直面する北海道や東北地方をはじめ、過疎化が進む地域や僻地・離島地域に勤務する医師には、年収4,000万円、5,000万円、と破格のオファーがくることも珍しくありません。

 このように収入が高い医師の富裕層度は‘○億円のマンションをキャッシュで買いました!’‘高級車の○○を所有しています。’というようにステータスシンボルとなりやすい家や車、そしてそのアイコンとなるブランドを見れば分かるでしょう。  しかし月収何百万、年収何千万単位で収入を得ている医師たちの生活はどうでしょうか?ラグジュアリーな家に住み、高級車に乗ってゆうゆうと仕事ができる医師はほんのわずかに過ぎないでしょう。 多くの医師の場合、仕事のハードさと年収は比例しており、全国的に人口当たりの医師数が少ない環境のため、勤務先によっては破格の年収オファーの裏に殺人的な労働環境があることは否めません。

例えば有名な心臓外科医の月収500万円、産婦人科医の年収5,000万円以上など高額年収のケースはありますが、そうした医師たちは旅行に行ったり、家族と外食をしたり、お酒を楽しむなど自分のプライベートを全て犠牲にしていることが少なくありません。病院からの呼び出しや急患・緊急オペに対応するべく、休日であっても自分を律し常にプロの医師となる準備をしていることを求められます。ある意味、一緒に生活をする家族へも犠牲や生活の拘束をしかざるを得ないかもしれません。年収がいくら高くても、家や車など欲しいもの全てを手にしたとしても、その反面では失うものが大きいのかもしれません。

 「お金持ち」と感じる感覚は人それぞれですが、生活面でどんなに裕福でも人間的な生活のない、人とのつながりのない生活は心の貧乏ではないでしょうか。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.