開業医の医師年収

開業医の医師年収

医師とは病気やケガを治す絶対的な存在であり、その手に人の生命がゆだねられます。医師になるには、医大や医学部で6年間の学業を積み、医師国家試験を経、さらに研修医として臨床で多くの経験を重ね、ようやく独立したひとりの医師として病気やケガに向き合っていくことになります。医師として活躍できるようになるまでには非常に長い時間を必要とし、その間に人の生命を預かれるだけの知識と技術を習得しなければなりません。医師となってからも進歩を続ける医学・医療に対する向学、生命を救う方策を考え抜くことは大きなミッションとなってきます。また知識やスキルとともに、生命への倫理観や人道性を備えた高い人間性が求められる職業です。

 そんな医師の年収は時代を問わず高額です。平成22年度の統計では医師の平均月収は約88万円、ボーナスを含めた年収は約1,200万円になります。近年年収額が若干落ちていますが、昨今の不況で一般企業に勤めるサラリーマンの年収が400万円台であることを考えれば、数倍の額です。 医師の年収は勤務する病院の規模や病院の形態、専門とする診療科などによって差があるようですが、その中でも群を抜いて高いのが開業医で年収額は2,000万とも3,000万とも言われています。一口に開業医といっても診療所やクリニックにも規模があり、内科・整形外科・眼科・耳鼻科など開業する診療科目の別、地域や立地から見た必要性によって違いはありますが、病院経営が軌道に乗り、継続的に患者さんがくる開業医であれば年商2〜3,000万円は固いようです。

 しかしながら開業医の場合、初期投資に非常にお金がかかります。医療機器や機材は中古品でも数百万円、新品であれば数千万円単位でコストがかかってくるため、開業するには約1億円の資金が必要になると見込んで良いでしょう。そのため開業資金のローンを組めば、最初のうちはローン返済が必要になり、病院を経営していくためには経費や人件費もかかってくるため、年収(年商)が2〜3,000万円あったとしても実際に医師の手元に残る額は半分ぐらいかもしれません。代々続く医家であったり、既に開業している病院を継ぐ場合には病院経営の軌道や初期投資を心配する必要なく高額年収が期待できそうです。

 最近は開業医を志望する医師が増えており、このまま開業医が増え続けると将来的には需給バランスが崩れます。今までの年収を確保することが難しくなることが予測されるため、開業するには周到なマーケットリサーチと経営戦略が問われる時代となりそうです。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.