小児科の医師年収

小児科の医師年収

高い収入を得られる代表のような医師ですが、所属する科によって意外と差があるといえます。小児科医などは他の診療科目に比べるとかなり低めの年収だといえるでしょう。2015年2月に医師向け転職サイトが行った全国のクリニックの求人を調査した結果によれば、小児科医は1,184.0万円の年収を得ているという結果が出ています。もちろん地域差もあり、東京などの都心であるほど年収は高くなり、地方に行くほど低くなるといえます。また、従事する人数を医師全体から見てみると、小児科の割合は外科などと同じように低い傾向にあります。離職者も高めなことから、さまざまな規模の病院で求人が出されているのが現状です。

医師は、国家試験に合格して最低2年間の研修期間を経た後に、小児科医などの専門医としてようやくスタートが切れます。小児科は新生児から乳幼児までを専門に扱う科ですが、長い歴史をたどってみると内科から派生したものといえ、内科や外科、泌尿器科、産婦人科とさまざまな分野を履修している必要があります。

小児科医として開業するのは、他の診療科目に比べると初期投資が少なくて済むというメリットがあります。しかし、規模の大きな病院の充実した設備や精密検査の体制などを考えれば、開業してスムーズに軌道に乗せることはそう簡単なことではないでしょう。また、近年ではモンスターペアレントの問題があるので、小児科医は精神的にかなりのストレスを伴うものといわざるを得ません。

とはいえ、開業医としての小児科は口コミで集客しやすいことが大きな特徴といえます。特に若いお母さんたちは、子供の病院についての情報をスマートフォンであっという間に広げてしまいます。この点を上手に活用することができれば、早い段階から開業医として着実に地域に根付いていくことができるでしょう。その一方、良くない評判が広がるのもあっという間で、スタッフの対応や待ち時間、内部の清潔さなどには細心の注意を払わなくてはなりません。

特に待ち時間を出来るだけ短くするのは、評判の良いクリニックを目指すなら欠かすことはできません。親にしてみれば、自分の子供が具合が悪いのにこんなに長く待たされるなんて、と憤りに近いものを感じるものなので、待ち時間解消のための予約システムを導入するのがおすすめです。スマートフォンに対応したものであればクリニックを離れていても問題なく、子供も楽な環境で安静していることができます。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。


医師年収アップランキング

医師年収の基礎知識

年収アップを支援する
転職エージェント

年齢別の医師年収

年収別の医師求人

その他の医師年収関連


▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2018 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.