心療内科・精神科の医師年収

心療内科・精神科の医師年収

心療内科や精神科医師の平均年収は、2015年に医師向け転職サイトに掲載された求人票からの統計では、1,302.5万円という数値が出されています。この数値は、数多くある科の中でも上位に位置しているといってよいでしょう。心療内科と精神科とでは、症状が身体により多く出ていれば心療内科、心により多くの症状が出ていれば精神科という区切りがあります。しかし、現在では比較的症状が軽く心の悩みを相談するようなケースが前者に、激しい妄想やうつ症状に襲われるような急性のケースが後者、という傾向が見られます。また、高齢化が進んでいる現代では認知症を発症する人が少なくありませんが、その診断のために心療内科や精神科を訪れる患者さんもたくさんいます。

年収を考えた場合に、心療内科医、精神科医は非常に魅力的だといえるでしょう。しかし、他の科に比べてより多くの経験を必要としているといえ、その分出費も多くなることが特徴です。精神の問題はもちろんのこと、内科や外科の経験も不可欠であり、小児科や脳外科などについても一定の技術を習得していなければならないからです。場合によっては、収入よりも出費の方が上回ってしまうということもあるでしょう。また、このような事情から、医師免許を習得してすぐに心療内科医や精神科医になる人はそう多くはありません。最初は内科医として医師のキャリアをスタートさせた後に転職するというケースがよく見られます。

医師としてより多くの年収を目指すなら、開業医という選択は当然のことといえるでしょう。しかし、開業医として1人立ちして運営していくには、開業前に10年はかけて基礎的な医療技術をしっかり習得しておかなくてはいけません。また、さまざまなケースの精神病患者を診るためには、救急医療現場など地域全体を担っているような大きな病院で経験を積む必要もあります。

一方、心療内科医、精神科医として開業するのは、他の科に比べて多くの資金は必要ないといえます。大掛かりな医療機器を導入する必要もないので、その分の資金を集客のための宣伝に使ったり、心からリラックスできるような雰囲気づくりの内装にお金をかけることも可能となるでしょう。また、患者さんは、通院していることを周囲に知られたくないという人が非常に多いことが特徴で、運営に当たっては、プライバシーに配慮することが何より求められます。クリニックの場所は、中通りなどに入ったビルの2階が理想的といえそうです。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。


医師年収アップランキング

医師年収の基礎知識

年収アップを支援する
転職エージェント

年齢別の医師年収

年収別の医師求人

その他の医師年収関連


▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2018 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.