産婦人科・婦人科の医師年収

産婦人科・婦人科の医師年収

子宮や卵巣の疾患だけでなく、月経異常、ホルモンバランスなど、女性ならではの病気を治療するのが産婦人科や婦人科です。産婦人科のほとんどはこれらの症状に加えて出産を扱っていますが、近年、特に深刻化しているのが産婦人科の医師不足です。地方に行くほどそれは顕著であり、出産をするために場合によって何時間もかけて車に乗って病院にやってくる妊婦がたくさんいます。この背景には、深夜であろうが早朝であろうが関係なく働かなければならないという産婦人科医特有の過酷さがあるといえるでしょう。出産はいつ何時始まるか予想がつかないものなので、常に準備を怠りなくしている必要があり、心身に相当なダメージを与えてしまうものなのです。

新たな命を取り上げるという仕事に大きな希望を持って働き始めた医師も、数年程度で肉体的にも精神的にも疲れ果てて退職してしまうケースが後を絶ちません。しかし、医師不足も理由となって年収は比較的高いといえるでしょう。2015年の医師向け転職サイトの求人票を統計した結果によれば、産婦人科医は1,285.0万円だといわれています。医師全体から見れば、同統計によると10位にランキングされる高さです。

産婦人科医は非常に神経を使う職業なので、もともと神経質で細かなことをするのが得意な人が向いているといえるでしょう。現実と理想は違うものですが、やはり生命の誕生に関われるというのはこれ以上ないほど感動的なもので、赤ちゃんを無事に取り上げた瞬間は、日々の仕事の過酷さを忘れさせてくれるに違いありません。

産婦人科専門医として開業するには、日本産科婦人科学会などで認定を受けなければいけません。それには、学会で研究や論文を発表するなどした上で、試験と面接に合格する必要があります。晴れて学会認定医となれば、勤務医よりもさらに高い年収が期待できる開業医を目指すことも可能です。開業にあたっては、医師が不足している地域を選べば、ひと月に50件ほどの分娩数があるといわれています。その結果、当然高額な年収を得られることとなり、別にもう1人の産婦人科医を雇っても問題がないほどです。ほぼ24時間体制の過酷な勤務状況から自身の健康面を考慮すれば尚のこと、もう一人雇用するのが望ましいといえるかもしれません。しかし、近年では出産に何かあればすぐさま深刻な起訴問題に発展しやすく、風評被害を理由にクリニックを閉鎖せざるを得ない場合も少なくありません。リスクは決して低いわけではないのです。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。


医師年収アップランキング

医師年収の基礎知識

年収アップを支援する
転職エージェント

年齢別の医師年収

年収別の医師求人

その他の医師年収関連


▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2018 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.