リハビリテーションの医師年収

リハビリテーションの医師年収

リハビリテーション科医という名称を聞いたことのない方も多いことでしょう。しかしながら、これまでにないほど急速に進む現在の高齢化社会においては、最もニーズの高い医師がリハビリテーション科医です。高齢の方々が行うリハビリテーションといえば、理学療法士や作業療法士が活躍する場と思われがちですが、実は彼らが指導している機能訓練の数々を計画しているのがリハビリテーション科医なのです。訓練の計画内容の他にも、検査や薬物治療、栄養管理など患者さんの治療プログラムを決定するという大切な仕事を行っています。

このような背景から、リハビリテーション科医の年収は今後ますますアップしていくことが予想されています。既に在宅医療に携わる医師の年収は非常に高いものであり、リハビリテーション科医も同様といえます。しかし、日本においてリハビリテーション科医の人数は大変不足しており、4,000人必要といわれているところを、僅か1,000人でまかなっているのが現状です。この科の医師を目指せば、就職口は非常にたくさんあるといえるでしょう。

しかし、リハビリテーション科医は、他の診療科目の医師以上に医療に関わる幅広い知識を身に付けていなくてはなりません。近年の医療は細かい分野に分けられていることから、多くの医師が専門外の知識に乏しいという現状があります。しかし、リハビリテーションという分野に関しては、それでは全く歯がたたないといえるのです。内科はもちろんのこと、外科、整形外科、精神科と、非常に幅広い知識を持って多くの疾患を治療できることが必要とされています。高齢者に多い糖尿病、高血圧症、心疾患などは特にそれが必要とされ、一刻を争う時にも的確に対応できるよう、十分なトレーニングが行われます。リハビリテーション科医は非常に多くのことが求められる医師だといえるでしょう。ただし、リハビリテーション科医が手術を行うことはなく、必要と判断した場合には外科と連携して手術を含めた治療が行われます。

他の科の医師よりも多くの修行を積まなければならないリハビリテーション科医ですが、その上にはさらにリハビリテーション科専門医があります。専門医になるためには、医師免許を取得した後に研修カリキュラを最低でも5年間は修めるなどいくつかの要件をクリアし、資格試験に合格する必要があります。また、リハビリテーションの臨床経験を一定以上持った後には、審査の上認定される認定臨床医というものもあります。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。


医師年収アップランキング

医師年収の基礎知識

年収アップを支援する
転職エージェント

年齢別の医師年収

年収別の医師求人

その他の医師年収関連


▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2018 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.