形成外科の医師年収

形成外科の医師年収

医師になるには、まず大学で6年間医学を学び国家試験に合格しなくてはなりません。合格した後は2年間にわたり内科など主だった診療科目の臨床研修を修め、ようやく正式な医師となります。研修期間中は、以前はアルバイトをして生計を立てているという話しをよく聞いたものですが、現在は研修医のアルバイトは禁止され300〜400万円程度の年収水準となっています。また、正式な医師となる際に、どの診療科目に従事するかを決定することになり、科目によって年収は異なってきます。形成外科などの外科医は、2014年に口コミサイトが実施した調査によれば平均1159万円の年収を得ています。

形成外科は、診療科目の中では一般的にあまり馴染みのないものといえるでしょう。西洋から日本に入ってきてから早半世紀以上経過しているものの、未だにどのようなことをしているのか知らない人もたくさんいるのが現状です。整形外科や美容外科、美容整形などと名称が似ていることから間違えられることも少なくありませんが、整形外科とは全く違った科目であり、美容整形や美容外科とは多少かぶる部分はありますが、形成外科の方がより専門的に患者を診るという特徴があります。

形成外科医は、例えばがんなどで腫瘍を切除した部分を、他の部分から筋肉などを移植して再建したりするのが仕事です。また、口唇口蓋裂など先天的にくっついていなければならない部分が離れていた場合などに接合するのも形成外科医の仕事です。

形成外科になるには、前述のように8年間の修行をした後に大学などで更なる研修を受けなければなりません。最初は手術痕を目立たなくする手術を学び、次に手や足、そして最後に顔の手術を行うようになります。顔は非常に複雑な構造をしていることから、高いスキルが求められるといって良いでしょう。美容整形は整形外科と多少かぶる科目なわけですが、顔を扱うので形成外科同様に高いスキルが求められています。美容のために手術で顔を整形するのは、一昔前に比べれば随分と身近なものになりましたが、このような事情から、美容外科医選びは慎重にしなければならないともいわれています。研修医を経た後に美容外科医を名乗ることも可能ですが、その後も形成外科になるための更なる研修を受けてから美容外科医を名乗る医師もたくさんいます。

また、形成外科となった後には、より専門的な研修カリキュラムをこなして資格試験に合格すると、形成外科専門医として認定されることとなります。この研修は最低4年間の履修が義務付けられています。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。


医師年収アップランキング

医師年収の基礎知識

年収アップを支援する
転職エージェント

年齢別の医師年収

年収別の医師求人

その他の医師年収関連


▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2018 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.