耳鼻咽喉科の医師年収

耳鼻咽喉科の医師年収

耳鼻咽喉科は、内科など他の診療科目に比べるとより専門性が求められることから、なり手が少ないことが特徴といえます。しかも、現状は需要ほど供給されていないことから、この診療科目の医師を目指すのは高い年収につながるといえるでしょう。特に、開業医としては眼科に次いで高い収益を得られるといわれているので、勤務医として経験を積んだ後の目標にすると良さそうです。耳鼻咽喉科の開業医は、勤務医の約2倍の年収が期待できるといわれています。

耳鼻咽喉科の開業にあたっては、敷地は25〜40坪程度必要だといわれています。特に最近は花粉症に悩む患者さんが非常に多いことから、シーズン中はどの耳鼻咽喉科も大変混雑しています。このような時は、いかに待ち時間を少なくするかがクリニックの評判を上げるのに必要なことといえるでしょう。銀行にあるような順番待ち番号札を導入すれば、患者さんにも待ち時間がわかりやすくなります。また、スマートフォンと連携させて待合いを離れられるようにすると、具合の悪い患者さんの不満を少なくすることが可能です。クリニックの評判が上がることは集客に直結し、年収アップにつながります。

さらに、耳鼻咽喉科がカバーする領域があまり知られていないという事情を踏まえ、インターネットをフルに活用して診療科目の特徴をアピールすることも集客につながるはずです。例えば、顔面麻痺やめまいなどは耳鼻咽喉が原因となっている場合が多々ありますが、一般的にはそれほど知られていることではありません。開業して年収アップを目指すなら、患者さんの数をいかに増やすかを考えることが非常に大切なポイントとなるのです。

前述したように耳鼻咽喉科は非常に専門性が高い診療科目です。医療はどの診療科目でも日進月歩であり、医師となってからも勉強を怠ることはできませんが、その中でも特に耳鼻咽喉科は専門的かつ最先端の知識が必要となります。勤務医であれば他の医師からさまざまな情報を得ることもできますし、研究したり学会に出席する時間もある程度は確保されているものです。しかし、開業したとなると治療から経営、マーケティングなどほぼ全てを1人でこなさなければならず、他に費やす時間はなかなか取れないのが現状です。学会に出席するとなれば診療を休みにする必要があり、そうなれば年収にも反映してしまうのです。もしも苦手な分野がある場合には、税理士やコンサルタントに任せるというのも得策といえるでしょう。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。


医師年収アップランキング

医師年収の基礎知識

年収アップを支援する
転職エージェント

年齢別の医師年収

年収別の医師求人

その他の医師年収関連


▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2018 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.