一般内科の医師年収

一般内科の医師年収

収入の高さから「ゴールドライセンス」などと呼ばれる職業はいくつもありますが、その中でも一際輝きを放っているのが医師です。病院に勤務している一般内科医の年収は、2014年でだいたい1200万〜1500万くらいだといわれています。開業医の方が年収は高いとされていますが、病院によってかなり違いがあり、入ってくるものも大きければ出ていくものもまた大きいといえるようです。ただ、一般的には勤務医のおよそ1.7倍の年収はあるといわれています。つまり、単純に計算すれば、開業医の年収は2040万〜2550万円ということになります。勤務医の年収だけでも相当なものですが、いかに開業医が稼いでいるかがわかるというものです。

医師になるにはどんなに短くても8年はかかります。まず、大学の医学部で6年間にわたり医学課程を学ばなければなりません。その後、医師国家試験に合格してからさらに最低でも2年間は臨床研修を受ける必要があるからです。そして、この研修では、さまざまな科を回ることになりますが、それぞれで最低1か月は研修するようにという決まりがあります。しかし、内科に限っては違います。内科は他の科と比べて格段に扱っている領域が広いからです。ざっと挙げただけでも、循環器疾患、神経系疾患、消化器系疾患、呼吸器疾患、内分泌腺疾患、アレルギー性疾患と非常に多岐に渡っています。そのため、内科だけは一般的に6か月の臨床研修が必要だといわれているのです。

内科に限らず医師全般の年収は高いとされています。しかし、やはり金額の高さに見合った働きをしているといえるでしょう。仕事は多忙を極め、休みも返上して診療に当たっている医師は世の中にたくさんいます。医者の不養生という言葉がありますが、あまりの激務の影響から自身は大変不健康な生活を送らざるをえないのが現状なのです。また、せっかく高い年収があってもそれを使う休みがないというような状態のことも多いようです。高級車を乗り回しているイメージはあっても、使う時が限られていて、こだわりの1点にお金をつぎ込んでいるといった方が正解かもしれません。

しかし、自分の行った治療によって患者さんが回復した時の喜びは、何物にも代えがたいものに違いありません。また、その一方で懸命の治療もむなしく命を救うことができなかったという場面に立ち会うのもまた医師の宿命といえるでしょう。やはり、年収の高さに相当する重い責任を負っているのが医師という職業だといえそうです。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。


医師年収アップランキング

医師年収の基礎知識

年収アップを支援する
転職エージェント

年齢別の医師年収

年収別の医師求人

その他の医師年収関連


▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2018 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.