一般外科の医師年収

一般外科の医師年収

医師の中では外科医が不足状態にあるといわれており、医師全体からすると10%程度しかいないといわれています。しかも、高齢化社会がますます進んでいく現在の世の中で外科を必要としている患者さんは増加しており、手術件数もまた増加の一途をたどっています。年齢別にいえば、外科医の中でも特に不足しているのは40代以下の若い世代の医師といえるでしょう。また、外科と一口にいっても、取り扱う領域ごとに細かく分かれており、一般外科をはじめとして内分泌外科、乳腺外科、消化器外科、整形外科、脳神経外科などたくさんあります。この内、一般外科医の平均年収は、2015年に医師向け転職サイトに掲載された求人票によれば、1,287.3万円という統計が出されています。

同統計によれば、外科の中で最も年収が高かったのは整形外科で、1,317.1万円という結果が出ています。また、医師全体を通して最も年収が高かったのは在宅医療の1,364.8万円、次いで腎臓内科・透析の1,329.5万円で、いずれも高齢化社会を如実に反映しているといってよさそうです。

外科医の平均年収は医師全体の年収からすると中堅どころといってよいでしょう。これは、外科医医師の勤続年数は長いとはいえないことが理由の一つに挙げられています。外科医としてメスを握った後、ある程度年齢を重ねたところで引退して他に転科する医師も少なくないといわれています。

外科医に限らず医師になるには、医師国家試験に合格した後に研修医という過程を踏まなければなりません。その前には6年間の大学での勉学を修める必要があるので、どんなに若くても24歳で初めて研修医になることができます。20〜30代の研修医の年収は、だいたい300〜400万円といわれています。この時期には、よくアルバイトを掛け持ちして収入を得ているという話しを耳にしますが、最近では研修期間中の初期にはアルバイトを禁止しているところがほとんどです。

研修期間を終えて30代で晴れて医師となった場合、平均して1000万円の年収になるといわれ、その後年齢が進むにつれて数字は上がっていくのが一般的です。特に40代を超えると、部長や院長といった役職に就くことも多くなることから、年収アップのスピードはさらに加速されていくことが多くなります。大学病院であれば、助教からスタートして講師、准教授、教授とステップアップしていき、それに伴って年収も上昇していきます。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。


医師年収アップランキング

医師年収の基礎知識

年収アップを支援する
転職エージェント

年齢別の医師年収

年収別の医師求人

その他の医師年収関連


▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2018 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.