泌尿器科の医師年収

泌尿器科の医師年収

2015年に転職サイトに掲載された求人票の泌尿器科医の年収を統計したところ、1,297.6万円という数値が出ています。医師全体の年収平均値が1,276万円なので、平均よりも高い年収を得ていることがわかります。泌尿器科医に従事する人数は右肩上がりに増加しているといわれていますが、現実には医師不足という問題も起きています。しかし、正確には医師が不足しているのではなく、地域的な偏りがあるということがいえるでしょう。地域を選ばなければ就職の機会は非常に多く、その分年収も高くなることが期待できます。

高齢化社会がますます加速している昨今では、泌尿器科は大変大きなニーズのある診療科目といえます。地域的に医師不足といっても産婦人科ほど深刻なレベルではありませんが、今後も泌尿器科のニーズは高まっていくことが予想されています。また、訪れる患者さんは60代以降の男性がメインとなりますが、女性で泌尿器に悩んでいる方もたくさんいます。診療する場所が場所だけに、女性患者さんは男性医師に診てもらうということに抵抗があるという人は少なくはなく、中には婦人科の女性医師に診てもらっているという人もいるくらいです。このことから、泌尿科医師は女性が目指す科目としても最適なものといえるでしょう。働く場所も、大規模な病院から街のクリニックまで、さまざまな働き口があるのが特徴です。また、医師という仕事はかなりの激務というイメージがありますが、救急患者があまり多くはない泌尿器科に限ってはそんなことはありません。年収も安定している上に、休みもしっかりとれる科といえ、家庭を持つ女性が働きやすい診療科目といえるでしょう。

医療全体は、現在ますます日進月歩で技術革新が進んでいます。その中でも泌尿器科は、ロボット手術が導入されるなど内外から注目されている存在です。先端テクノロジー医療を率先して取り入れ、未来へと医療全体を牽引する泌尿器科に従事するなら、そのような環境で働ける場所を選択するのは素晴らしいことといえるのではないでしょうか。今後は、これらの観点から転職を考える泌尿器科医が増えることが予想されています。泌尿器科医になるには、国家試験に合格して2年の研修期間を終える必要がありますが、さらに4年以上の研修カリキュラムを実践して資格試験に合格することで、泌尿器科専門医の資格を取得することができます。さらなる年収アップを目指すなら、早い段階で資格の取得を目指すと良いでしょう。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。


医師年収アップランキング

医師年収の基礎知識

年収アップを支援する
転職エージェント

年齢別の医師年収

年収別の医師求人

その他の医師年収関連


▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2018 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.