眼科の医師年収

眼科の医師年収

眼科医は、内科医や外科医などと比べると一般的に年収が高い人が多いといわれています。それは、眼科医に開業医が多く、内科医や外科医は病院勤務が多いからというのが理由です。同じ病院勤務としてみた場合には、一概に眼科医が高いとはいえません。2015年に調査した医師の年収提示額ランキングによれば、一般内科は第5位、一般外科は第9位、そして眼科医は18位で平均年収1,266.2万円という結果が出ています。

クリニックを開業した眼科医の中でも特に高い年収を得ているのは、レーシック手術を専門に行う医師です。一般に、勤務医よりも開業医の方が1.7倍の年収を得られるといわれていますが、レーシックを行えるクリニックであれば、さらに多くの年収が期待できるでしょう。しかし、レーシック手術は非常に難易度も高いことを念頭に入れておかなければなりません。例えば、一度手術に失敗してしまえばその悪評はインターネットを通じてあっという間に広がってしまいます。開業当初は患者をたくさん集めて収益を上げていたクリニックでも、たった一つの手術ミスが発端となって最終的にわずか数年足らずで閉鎖せざるを得なくなることも少なくないのです。この点からいえば、レーシックを専門にして開業するのはハイリスクハイリターンだといえるでしょう。また、かつては眼科医の高い副収入を得られるアルバイトとして、コンタクトレンズのカルテ作成がありましたが、薬事法の改定で現在では安易には行えなくなっています。

医師を目指すには、たいていの場合中学校から本腰を入れて勉学に励む人がほとんどです。また、高校は進学校に進んで受験勉強に早くから取り組み、大学で6年間にわたり医療の基礎を学びます。そして、非常にハイレベルとなる医師国家試験に挑んで見事合格すると、今度は研修医として最低でも2年間はさまざまな診療科目を学ばなければいけません。しかし、総合病院以上の規模のところに眼科医として働くには、他の診療科目に従事する医師には課せられていない更なるハードルがあります。それは、専門医制度が設けられていることです。どの診療科目でも医師国家試験に合格しなくてはならないわけですが、前述のような眼科の場合はこの試験に加えて眼科専門医認定試験にも合格しなくてはならないのです。しかも、医師国家試験は一度合格すればはく奪されでもしない限りは一生ものといえますが、眼科専門医認定試験は5年ごとに受験して更新していかなくてはなりません。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。


医師年収アップランキング

医師年収の基礎知識

年収アップを支援する
転職エージェント

年齢別の医師年収

年収別の医師求人

その他の医師年収関連


▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2018 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.