自衛隊の医師の年収

自衛隊の医師の年収

自衛隊の中にも医師免許を持っている隊員はいます。自衛隊の医師は「医官」と呼ばれていて、幹部自衛官という扱いになるそうですが、一般的な自衛隊員とは全く異なる職務内容になるのかと思いきや、入隊の頃には最初に受けるトレーニングなどはすべて他の自衛隊員とともに行うことになります。

自衛隊の医師には、医師免許を持つ医官と、歯科医師免許を持つ歯科医官が存在しています。このうち、歯科医官の場合には、自衛隊の幹部養成大学でもある防衛医科大学を卒業するか、すでに医師免許を持っている人が医科歯科幹部採用試験に合格することが、歯科医官となる条件になります。一般的な歯科医師の免許を持っていれば無条件で歯科医官になれるというわけではないのです。

防衛医科大学を卒業して医師免許を取得すると、卒業と同時に陸軍もしくは海軍の自衛隊へ幹部候補生という立場で配属されることになります。自衛隊にはたくさんの医官がいるので、そこで先輩医官から指導を受けながら、医官としての経験や知識、実力を積むことになります。医官の場合、初めて配属されるときには曹長という階級が与えられるため、他の自衛隊員と比べると階級面では高待遇と言えるのではないでしょうか。

気になる年収ですが、自衛隊の給料は、医官でも自衛隊の年収基準にのっとっているため、民間の病院勤務をする医師と比べるとかなり安め。新卒で医師としての経験がない場合には、年収は350万程度で、一般的な病院勤務の研修医とそれほど変わりませんが、年月が経つにつれて民間病院の医師の年収は右肩上がりになる反面、医官の年収はそれほど高くはならないようです。

自衛隊でも、長い年月の間に昇級すればそれに伴って給料もアップします。しかし、医師として働く医官が高級幹部まで昇級するというケースはかなり低いと言われているため、自衛隊の医師としてキャリアを積む場合には、ある程度の所で年収が頭打ちになってしまうことは覚悟しておいた方が良いでしょう。ちなみに、2等陸佐・海佐・空佐の場合には年収は800万円程度と言われていて、1等陸佐・海佐・空佐になると年収は1000万円程度が期待できます。

医官としてキャリアを積む医師の中には、民間の病院へ転職する人も少なくないと言われています。医官では年収に満足できないからなのか、もっとやりがいのある職場を求めての転職なのかはケースバイケースですが、民間から医官への転職は少ない反面、医官から民間病院への転職はかなり人気があることは興味深いですね。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.