院長・部長の医師の年収

院長・部長の医師の年収

医師の年収は毎月の給料にすると平均88万円、年収にすると1144万円と言われています。しかし、医師になれば必ずこのぐらいの収入が得られるというわけではなく、どんな病院でどんな立場で仕事をするかによって年収は大きく異なります。

多くの医師たちが経験や知識を得て、実力をつけるために働いている大学病院や一般病院の場合、医師としての資格を取得したばかりの研修医では年収300万円〜400万円ほどと言われていますが、それでも昭和の時代と比べるとこのぐらいの年収が得られるようになったのはひとえに臨床研修制度が大きく変わったことによる恩恵と言えるでしょう。

同じ病院勤務の医師でも、院長や部長クラスの役職的な立場の医師になると年収も大きく変わります。平均的な年収ですが、大学病院の場合には、講師の役職に就けば年収は700万円程度、助教授となれば年収800万円程度、そして最高峰である教授まで上り詰めれば年収は1000万円程度と言われています。一方、一般的な総合病院の場合には、研修を終えたばかりの医師でも年収は600万円〜800万円程度とかなりの高待遇で仕事をスタートすることができるだけでなく、部長クラスの役に就けば年収は平均で1500万円程度と言われています。そして、その上の院長クラスになると年収は2000万円超となるのだとか。サラリーマンの平均年収が下がり続けて300万円とも400万円とも言われるこの時代において、年収が2000万円というのは、かなりの高給といえるでしょう。

総合病院においては、部長の年収1500万円、院長の年収2000万円はかなり高給ですが、開業医の給料と比べるとどうなのでしょうか?医師の中には40代や50代で開業医を目指す人も少なくありませんが、開業後の年収がどうなるかをきちんと把握した上で開業するか勤務医を続けるかを決めることが必要です。

開業医と言っても病院がどのぐらい繁盛するかによって様々ですが、ある程度軌道に乗れば、年商が3000万円程度になることも珍しくないと言われています。もちろん、この金額がすべて医師の収入になるわけではなく、開業にかかった資金のローン返済、看護師たちの給料や光熱費など、経費を差し引くと、実質的な収入はそれほど多くはないようです。開業医の収入を大きく目減りさせているのは、レントゲン台などの医療機器。新品なら1000万円以上する医療機器なども必要となるため、開業時には莫大な資金がかかることは念頭に入れておいたほうが良いでしょう。

そう考えると、開業医を目指す場合には、子供や孫の代まで続くような長期的な展望を持って開業したほうが良いのかもしれませんね。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.