保健所の医師の年収

保健所の医師の年収

都道府県や市町村が運営している保健所にも、医師は常駐しています。保健所は病院とは違い、病床もなければ外来の患者さんがやってくるわけでもありません。そのため、病院勤務の医師と比べると、仕事の忙しさは比較できないくらいのんびりしているという特徴があります。病院勤務の医師の場合には、医師としての基本給の上に資格手当や当直手当、手術手当などたくさんの手当てが上乗せされて、最終的な年収となります。しかし、保健所に勤務する医師の場合には、地方公務員という扱いになるため、給料の算出方法も地方公務員の規定に基づいたものとなります。残業や当直などは一切ない仕事なので、医師免許を生かしながら体力的にきつすぎず、家庭と仕事を両立しやすい仕事をしたいという人にとっては、理想的な職場と言えるかもしれませんね。

具体的に保健所勤務の医師がどのぐらいの年収を稼ぎ出しているのか気になりませんか?地方公務員ですが、一般的な地方公務員と比較するとお給料はかなり高めになっていることが多いようです。経験年数や知識などによっても年収は多少異なり、30代の若い医師の場合には平均年収は600万円〜1000万円程度、医師としての経験が10年超のベテラン医師の場合には、年収750万円〜1200万円程度が相場と言われています。

地方公務員の場合には、残業や当直などはないため、そうした手当はつきません。しかし、医師として健康診断などに行けば出張手当がつきますし、通勤手当や公衆衛生医師にのみ支給される感染症予防等手当という手当が支給されるので、一般的な地方公務員と比べると手当も充実しているのではないでしょうか。

保健所勤務の医師は、保健所の中でもいくつかの階級に分類されていて、年収にも影響します。勤務を始めたばかりの医師は、技師級と呼ばれる最低ランクからスタートしますが、その頃の最終的な年収は800万円程度のようです。経験を積んで実力をつけることでランクアップできる主査級というランクになると、平均年収は900万円超となり、保健所長の最高レベルになれば年収が1300万円を超えるケースもあるのだとか。それぞれの保健所の規模によって医師ランクも多少異なるようですが、病院勤務をしていた医師でも予防医療を専門にしてきた場合などには、転職によっていきなり高いランクの級に就けることもあるようです。医師としての経験や知識によって年収が異なるシステムは、病院だけではなく保健所にも存在しているのです。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.