がんセンターの医師の年収

がんセンターの医師の年収

がんセンターは全国各地にたくさんありますが、どこのがんセンターでも、がんを患った患者の手術や治療に取り組み、多忙を極める職場環境と言われています。少し前のニュースで、がんセンターに勤務する麻酔医たちがあまりの激務に耐えかねて次々に退職してしまい、手術ができない状態になってしまったと話題になっていました。がんセンターの医師たちは、手術を行えば基本給の上に手術手当などが上乗せされるため、頻繁に手術をこなしている病院では、手術手当だけでもかなりの収入になるのではないかと考えてしまいますが、実はがんセンターで働く医師の給料は、私たちが想像するよりもずっと安いことが多いようです。

一般病院に勤務する医師の場合、当直や残業、手術などに対する各種手当をすべて含めると、平均的な年収は1200万円〜1500万円程度と言われています。このうち基本給の部分はおそらく700万円〜800万円程度なので、医師という職業ではいかに手当が占める割合が多いのかが良く分かるのではないでしょうか。

がんセンターの場合、平均的な医師の年収は700万円〜800万円程度。基本給の金額ではなく、最終的な年収がこのぐらいの金額になるということは、ほかの病院勤務をしている医師と比べると、かなり割安感は否めません。がんセンターの多くは最先端の医療技術が完備していることもあり、働く医師たちもさぞかし恵まれた環境で仕事をしているのだろうとイメージしがちなのですが、実際にはがんセンターの医師年収はそれほど高くはないようです。

それではなぜ、給料が安いと分かっていてもがんセンターに転職する医師が後を絶たないのでしょうか?それはひとえに、がんセンターではたくさんの症例を経験することができるため、医師としての経験を積み技術力をつけ、そして実力を短期間のうちに養うことができるからと言えます。特に、外科、心臓外科、脳外科など手術によって医師としての実力が磨かれる診療科目を専門科目としている医師なら、がんセンターに数年間勤務することによって外科医としての実力をブラッシュアップできます。

少しでも待遇が良いがんセンターへの転職を希望する場合には、自分一人で転職活動をするより転職サイトを利用した効率的な転職活動がおすすめです、こうしたサイトには、医師の転職に精通しているプロのカウンセラーが転職活動をサポートしてくれるので、自分の希望や条件に近い転職先を見つけやすいというメリットがあります。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.