医師の副業

医師の副業

平成22年度の統計データのよると医師年収の平均は月収約88万円、年収は約1,200万円で、日本ではトップ3に入る高年収な職業です。一般病院の勤務医の場合、平均年齢40歳で月収約100万円、医科長や診療部長、副医院長、医院長と段階的に役職をキャリアアップできれば年収が2,000万円超えるのが相場、開業医の場合には病院経営が軌道に乗れば年商は2,000〜3,000万円見込めます。 日本の医師年収の特徴は内科・外科・産婦人科というように診療科別による年収差は比較的少なく、年収は年功序列的で経験やキャリア、勤務先の病院に左右される傾向にあります。また地域差が顕著であることも大きな特徴で、医師不足が深刻な状況にある地方・僻地・離島勤務の医師年収は高く、東京・大阪・神奈川などの大都市部では相場崩れが激しくなっています。

医師に限らず一般的に副業は法律などで禁止されているものではなく、雇用先の就業規則に則ります。職業により副業の可否が決まるのではなく、組織の就業規則に準じます。医師は勤務先の病院が副業を認めていれば複数箇所で働くことができ、開業している場合も問題ありません。   一般企業に勤務するサラリーマンの同年の平均年収約400万円に比較すると、医師年収は3倍にもなり副業を持つ必要性はないようにも思われますが、医師の副業は収入目的というよりも、むしろ自分の経験を積む目的であったり、医療業界の問題点を世間に投げかけ、病気を予防し健康を啓蒙することを狙いとする面もあるようです。医師の副業には医療雑誌や論評への原稿書き、各種講演会、TV出演などがあり、原稿書きの相場は約12,000〜15,000/1案件、民放系のTV出演であれば半日仕事で約3〜50,000万円の報酬があります。

 そうした論評や講演といった直接的な医療行為がない副業以外にも、医師不足の市場には非常に多くの医師需要があります。非常勤で医師を募集する病院・医療機関も多く、空いた時間(多忙を極める医師に空いた時間があるか少し疑問ですが…)を利用し、条件が良いところで副業・アルバイトを探す医師もいます。非常勤ゆえに責任や組織からの拘束が少なく、高額の時間単価が期待できます。そうしてフリーランスになる医師も多いようですが、副業・フリーランスともに単発で医師として仕事をする場合、相当のスキルと経験を要することは覚悟しなければなりません。副業や非常勤といっても生命に対する責任は医師としてきちんと果たす役割と責務があり、高額時給といってもスキルも人間性も分からない医師に破格のオファーはありえません。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.