医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

医師に優遇税制はある?

医師による優遇税制があるのか?と言う疑問は、医師のみなさんの中でも考えておられる事が多いようです。 そんな優遇税制に関して考えてみると、まず社会保険診療において場以上が5000万円以下と言う場合に実際は経費が少しの場合でも売上の最大72%まで経費だったことになる制度が存在し、財務省の試算によると現時点の話ではありませんが、この制度による所得税の税収額はおよそ200億円になると言われています。 これに伴い住民税も同じく軽減される上に事業税等は全額非課税となります。 こうした事からこの全部を合計した形にすると医師全体でその合計は500億円程度の税金を免れていると考えられるわけです。

又、会計監査院の調査によれば特例利用の割合も40%近くありますので、そうして考えると、一人に対し平均およそ100万円を超える税額が軽減されている事となり、事業税等も合わせると300万円近く軽減されている事になります。 しかしながら実際は、こうした様々な優遇を受けているにもかかわらず隠すと言う部分が多いため、税収不足の問題もあげられ廃止の声も色々と出ておりますが、それもいまだ解決されずと言うのが実情だと考えます。

しかしながら、医師の中でも勤務医として働く医師の声には、全く優遇税制の存在などなく、開業医で保険診療をしている場合に、売り上げが一定額以下の場合、経費を売上の最大72%まで認められているのを一部が中傷として優遇されていると言っているだけであり、実際のところは、院内処方だった時代の経費率の平均的割合であるということなのです。

いずれにしても医師におけるこの優遇税制は、医師のための制度でしかないという声も多くあり、それにより見直し等も検討されてはいるものの、厚生労働省側としては、この件に関する様々な指摘は、結果として「措置を直ちに見直しできない」とし、税制調査会等も会計検査院の指摘に関するデータの取り方及び社会保険診療報酬の大幅な引き上げが出来ない事等を理由に反論と言う形の厚生労働省の見解を容認したということになります。

要するに、この制度は、やはり医師のために存在し、まさに優遇制度はあると考えられ、例えば所得税の計算をするにも必要経費の額を実際に使った必要経費に変え概算の経費の額と出来る等の面から、この優遇税制は中には存在しないという声もありつつ、実際は医師のための優遇税制はあると言う事になりますし、診療報酬が仮に2000万円以下だとすれば実額の経費が50%でも最大72%まで経費と出来る事から概算経費の控除となるわけなのです。 尚且つ概算経費の優遇税制なるものは、概算経費率を小さくおさえながらも5000万円の診療報酬まで続くと言う事になります。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.