医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

都会の年収はどれくらい?

東京、大阪、神奈川など都市圏では医師の求人案件がかなりあります。しかし、他の地方都市などと年収面を比較してみると若干低く設定されています。現在、大都市圏では医師の飽和状態が生じ、需要よりも供給の割合が上回っている状況です。医師としての働き口は多くあるものの、年収をみると全国平均と同じかもしくは平均を下回るものもあります。大都市圏で働く場合、医師の平均年収はいくらになるでしょうか。

全国の医師平均年収は約1100万円から1200万円程度です。神奈川県における医師の平均年収は約1100万円と全国平均と同レベルです。東京都では平均年収が約740万円と全国平均と比べ約400万円程度低い状況です。都内であっても23区内はやはり交通のアクセスがよく人気エリアですが、少し郊外になると多少給与条件が良い病院を探すこともできます。最新医療などの情報は地方都市に比べて、かなりの量と速さで伝わり医師としての能力や知識を向上させる環境であるものの、医師の絶対数が多いため、平均年収は低めになります。

都心部でも診療科目を上手に選択することにより、年収を増やすことは可能です。例えば、ここ数年は眼科や美容整形外科などの診療科目における平均年収は約3000万円を超え全国の平均年収をかなり上回っています。こういった診療科目は田舎や地方都市よりも、都心部の方に需要があるとされています。また医師不足とされている診療科目、小児科医や産婦人科医になることで年収を上げることができます。東京都内でも産婦人科医の求人として年収1200万円から1500万円程度で募集している案件もあります。また、アルバイト収入によって高年収を得ている医師も多くいます。大都市圏にはかなりの企業があるため、そういった企業の産業医として働くことにより、月に数十万円の収入増を可能にしている医師もいます。また地方に比べて病院数も多いので、当直のアルバイトを週に1、2日している医師も珍しくありません。

大都市圏の医師の多くは一つの病院や勤務先で高収入を得ようとするのではく、他にアルバイトをすることにより収入を増やしている傾向があります。ある調査では年収のうち約12%がアルバイトによる収入という結果が出ています。負担にならない程度に上手に医師のアルバイト先を選ぶことができれば、平均年収の低い東京都や神奈川県などの都市圏であっても全国平均と同じ程度かそれ以上の年収を得ることも十分可能になります。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.