医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

医師年収の将来性は?

平均年収で常に上位をキープしている職業の一つが医師です。ここ数年、平均年収は1000万円以上を維持しています。それでもこれから5年、10年後もこの水準を保つのかは気になるところです。将来も年収をアップさせたいのであれば、ポイントになるのは何でしょうか。

開業医として活躍するなら、将来の年収はアップします。病院に勤める勤務医と年収を比べるならば、およそ2倍程度の差があります。また自営業でもある開業医の場合は定年退職という制度はないため、60代、70代でも活躍している医師も多いのが現状です。しかし、都心部では開業医に加え多くの病院があるため、一定の患者さんを確保し年収を安定させるのも難しくなりつつあります。それで開業医になるならば、どの都市、地域に病院を開業させるかが大きなポイントになるでしょう。地方都市や農村部に行けば、まだまだ医師不足は深刻な状態です。また高齢化社会を迎えている日本では高齢社医療に携わる医師が今後もさらに必要になります。将来必要になると思われる診療科目や、その地域ではまだ開業されていない診療科目を上手に見極めることができれば、経営が難しいと言われる開業医であっても将来年収をアップさせることは可能です。

勤務医として働く場合の年収の将来性は、ある程度勤めている病院の経営状態などにも関係してきます。研修医を終え、医師として働き始めたときは平均年収500万円から600万円程度が相場です。その後、順調に昇進し部科長クラスで平均1500万円程度、院長クラスになれば年収平均2000万円になります。ただ、民間の病院に勤めている医師すべてが部科長、院長になれるわけではありません。勤務医としての年収の将来性を考えると、やはりどの診療科目で勤務するかが大きな割合を占めます。比較的、眼科や皮膚科などの診療科目は人気があり医師も多くいます。それに比べ産婦人科医や小児科医は常に不足している病院がたくさんあります。一人の医師が一人前になるには、約10年かかると言われています。こうした診療科目での医師不足も今後すぐには解決されないので、勤務はハードではあるものの年収が極端に下がることはなさそうです。また開業医と同様に高齢者医療に携わることができれば、将来性があると言えます。在宅医療に力をいれている病院は一昔前に比べかなり増えています。専門的な知識や技術があるならば、将来的に高年収で働ける医療機関が増えて来るかもしれません。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.