医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

医師年収の初任給相場は?

平均年収1000万円を超える、人気職業の一つ医師。しかし、医師として働き始めた1年目から1000万円を稼ぐことはできません。では初任給は幾らくらいが相場でしょうか。

医師として働き始めるにはまず、医学部で6年間の教育を受けることになります。その後研修医としてさらに2年間、研修プログラムに沿って臨床研修を受けることになります。この研修医として働いている時期にお給料は発生しています。まだ医師としての初任給ではないものの、月給30万円から35万円が相場になっています。一昔前に比べると、かなり高くなっています。また地方都市の農村部に行くと、医師不足のため研修医であっても約50万円から60万円程度で受け入れる病院もあります。しかし給料と比例して仕事量も多くなります。大学病院で研修医として働くと、約30万円程度が相場になります。

2年間の臨床研修が修了すると、いよいよ医師として働き始めることになります。その際も、大学病院で引き続き働くか、民間病院で働くかなど様々な選択肢があり、初任給も変わってきます。大学病院では初任給の相場は25万円から35万円程度と大学により手当など少し差が出て来る様子です。大学病院では民間病院にいるよりも専門的な医学知識や技術、様々な研修に参加できるのが魅力かもしれません。民間病院で働く際の初任給の相場は約48万円から50万円程度です。確かに一般企業に就職するサラリーマンや大学病院に残り勤める医師に比べて初任給は高い水準です。通常、企業の規模が大きくなればその分初任給も高くなるものですが、医師の場合はその逆で病院の規模が小さいほど、初任給は高く設定されている傾向が見られます。一人の医師にかかる負担や責任が多くなることなどが要因といえます。都心部の大きな病院では医師の数も多く交通の便が良いことなどの理由である程度給与を下げたとしても人気があり求人に応募があるようです。

やはり、医師の初任給は他の職業に比べ高いと言えます。大学卒業の新入社員の場合、平均初任給は約20万円です。それに対して医師の初任給は2倍から2.5倍の水準です。当直のアルバイトなどをして、初任給プラスαを可能にしている医師もいます。ただ、初任給をもらうまで医師の場合は大卒の新入社員よりも4年程遅くなります。また、大学の授業料などでかなりの費用がかかります。そういったことを加味すると、一般企業に入社する大卒新人社員と同じ程度の初任給といえます。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.