医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

医師の節税の方法は?

医師による節税は、勤務医、開業医により異なりますが、例えば勤務医でご家庭をお持ちであれば、上手に対策を行う事により節税の対策もできます。

節税の対策として、利用できるのが個人年金など。 生命保険料控除には、一般の生命保険もしくは個人年金の2種類が存在します。 そこで個人年金を考えると、個人年金は60歳定年から公的年金を受給するまでの期間の所得を補う目的によりつくられている制度ですので、所得控除が認められるという事になります。

つまり1口1万円からの掛け金となりますので、12カ月かけると当然年間12万円掛ける事になり、そこから所得控除が5万円ですからおおよそ税金で考えると2万円の節税となるわけです。 もちろんこの方法によるリスクが無いか?と言えば、当然リスクは存在しますが、銀行への積み立て利息を考えると、やはり個人年金の方が節税につながるといえるのです。

いずれにしても医師による節税方法はいくつかの方法がありますが、勤務医自体、給与での収入と言う事で節税の施しがあまりなく、給与でみなし経費が使えるためそれほど損はないといえるでしょう。 ですが、開業医ともなると色々な所得に応じた税金が発生する事からやはり節税の対策を行う事が必要となりますので、節税対策が必要となると思います。

例えば、医師による節税対策のひとつとして、決算賞与の支給等も考えられ、決算期末に予想外の利益が出た場合、決算賞与を支給する等の方法もあります。 ただ、本来は、月々の数値は正確に把握し、利益予測等を顧問の税理士さんへ依頼している場合は、こうした事は発生しませんが、税理士さんがきちんと正確に認識していない場合、決算期末に予想外の売上が上がったと言う場合等に対応可能な税金の対策と言えるでしょう。 ただし決算賞与の支払いには、決算期末までに行う方法及び決算日より1ヶ月以内に支払、決算は未払い経費として計上する場合の2種類がありますので、この場合資金繰り等を考えると、決算に未払い計上が理想ではないかと考えます。

医師の税金対策の方法には他にも個人の開業医、個人の診療所の場合ですが、医療法人にする事により最初に給与所得控除が受けられますし、個人事業ではうけられないような色々な税金対策も打てるようになりますので、開業医という場合の税金対策には、こうした法人化にするという対策も利用できるのではないでしょうか。 医療法人化にすることにより、給与所得控除が受けられ通常は300万円前後受けられますので、個人事業での税金対策が難しいという場合は、こうした手を打つ等も検討すべきではないでしょうか。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.