医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

医師年収の手取り相場は?

人気職業ランキング、高年収ランキングなどで常に上位をキープしている職業に医師があります。医師の平均年収はここ数年常に1000万円を超える高い水準をキープし、求人情報サイトが行った職業別年収ランキングでも1位となっています。しかし医師と一言に言っても様々です。大学病院の医局員として働く医師、街の病院勤務医、または開業医などです。そして医師の診療科目によっても年収は多少なりとも変化します。では医師年収の手取り相場は幾らでしょうか。

医師の中でも一番の高年収を記録しているのは開業医です。つまり自分が院長となり病院を開業するのです。平均年収は約2000万円前後、手取り額相場は約1400万円とされています。開業医の中には年収3000万円以上の医師もいるほどです。勿論、年収イコール手取り金額ではありませんが、平均年収と手取りの差額600万円は何に使われるのでしょうか。まずは税金や社会保険料、そして開業医の場合は自分で病院を建て所有する必要があるので、開業当初はかなりの借金があります。建物だけでなく、医療機器などは新品で買えば数百万、1000万円を超える機器も珍しくはありません。新規開業であれば、地域に認知され評判がたつまでは少し時間がかかります。ですから、2000万円稼いで手取りが1400万円というのはかなり良い金額といえます。

病院勤務医の平均年収は勤務当初は約600万円から800万円ですが、年数が経過し医師としての知識や経験を積むと1000万円が相場です。順調に昇進し部長職などに就けば年収1500万円、院長クラスは2000万円も可能です。それで、こうしたデータを集計し平均すると勤務医の手取り額は約1000万円程度が相場になります。勤務医の場合も各種税金や保険料などが差し引かれるため、勤務後数年間は手取りが1000万円を超えない場合もあります。

大学病院の医局に進んだ場合、同じ医師であっても年収はかなり低い相場になります。30代前半までは600万円前後が年収になるので、手取りは約450万円程度です。その後、講師、助教授、教授になるに従い年収も増えますが、教授でも年収は1000万円程です。大学病院の場合は、年収よりも医学の知識や技術を吸収し医師としてキャリアアップ、スキルアップを望む医師が務める職場環境といえます。

診療科目別の年収を見てみると、年収が高いのは在宅医療や腎臓内科・透析、一般内科など高齢者向けの診療科となっています。平均年収は約1300万円を超えているので、医師の平均年収、手取り額よりも高い相場になります。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.