医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

医師年収の県別ランキングは?

同じ職業でも、働く場所や地域が異なれば給料や年収も異なります。医師の年収も毎年、高い水準をキープしていますが、都道府県によって異なる職業の一つです。

医師の年収が最も高いのは長崎県で次いで熊本県、高知県、北海道と続きます。この4道県では医師の平均年収は1700万円を超える水準です。全国の医師平均年収は約1100万円から1200万円程度が相場なので、こうした地域はかなり高い年収といえます。他に比べて高い水準の理由の一つには医師不足があります。例えば4番目に高年収の北海道ですが、10万人を超える都市、旭川や釧路などでも医師不足が深刻で中には年収2000万円を超える求人もあります。病院勤務医でこの年収はかなりの破格といえます。中心都市である札幌でも医師不足であり、医師にとっては好条件で働きやすい職場環境を見つけることができる可能性があります。全国的にも言えることですが、とりわけ産婦人科医は不足傾向にあります。それで、医師人数が人口に対して少ない比率の都道府県で勤務するなら、高収入を得ることができます。産婦人科医として勤務できるなら、さらに収入はアップするでしょう。

逆に年収が低い地域はどこでしょうか。最も低い平均年収は約740万円の東京都でした。高い地域と比べるなら約1000万円もの差があります。医師であっても平均年収が1000万円を割ってしまうのは医師の飽和状態という理由があります。東京都内にはかなりの数の病院があり、医師の働き口も多くあります。しかし、それと同じほどの医師がいるため高い給料、年収を設定しなくても求人に対する応募が多くある状況です。もう一つの理由としては低年齢層の医師が多くいることもあります。一般企業と同様、医師もある程度は年数と経験に比例して給料も上がっていくものです。ですから、40代や50代など中堅クラスの医師であれば、年収も1000万円以上が普通になります。東京都には全国から人が集まりますので、年齢も20代30代の医師が他の都道府県に比べ多くいます。そのような理由ゆえに東京都で働く医師の平均年収は全国平均に比べて低い水準となっています。

厚生労働省は全国で人口10万人に対する医師数のデータを集計しています。全国平均では人口10万人に対して医師数約210人から213人程度で推移しています。つまり、この人数よりも働く地域の人口10万人に対する医師数が少ない場合は高年収で働ける病院が多くあり、逆に医師数が多い場合は年収は低めの水準になります。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.