医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

医師年収の格差は?

平均年収1000万円を超える医師の世界の中でも、年収の格差はあります。勤務医と開業医によっても違いますし、診療科目によっても異なります。さらには医師として勤務する地域や年数も年収額に大きな影響を与えます。どれ程の格差があるのでしょうか。

医師のうち約6割は勤務医といわれています。勤務医として働き始めた最初数年間は平均年収には届かず、約600万円から800万円が相場です。年数と共に昇給し年収1000万円を超える医師や部長、院長クラスになることで年収2000万円を超える医師もいますが、その数は多くはありません。平均してみると、勤務医の年収は約1100万円から1200万円程度が相場です。開業医として働くなら、年収はかなり上がります。開業医の平均年収は約2000万円です。勿論、開業当初からこの年収を稼ぐのは難しいかもしれませんが、経営が軌道にのれば決して難しくない金額です。また開業医の中には3000万円以上の年収の稼ぐ医師もいます。勤務医と開業医の年収格差は約2倍から3倍程あります。ただ勤務医であってもキャリアアップで開業医の年収に近づくことも可能です。

診療科目によってはどれ程の年収格差があるでしょうか。年収が高い診療科目の代表は在宅医療、腎臓内科・透析、一般内科など高齢者医療と関わりが高い科目です。勤務医の年収ですが、約1300万円以上が相場です。逆に年収が低い診療科目は緊急医療や小児科など医師不足といわれている科目です。年収相場は約1100万円から1200万円です。診療科目による年収格差は勤務医と開業医の格差ほど大きくないとはいえ、約100万円から200万円程度はあるようです。

地域によっても医師の年収は異なります。東京や大阪など大都市近郊では医師の求人も数多くありますが、年収はそれほど高くは設定されていません。東京の医師平均年収は約740万円から800万円程です。都心部は住みやすく様々な求人があるため医師も大勢います。そのため年収が多少低くても求人案件に対する応募はあるのです。逆に地方都市などでは、慢性的な医師不足のため都心部に比べるならば好条件、高年収の案件を見つけることができます。長崎県、熊本県、北海道などの医師平均年収は1700万円を超えています。これら都道府県の中でもさらに医師不足の農村地域で勤務するならば勤務医であっても年収2000万円以上も可能です。勤務する地域によって年収は約1000万円の差がでることもあります。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.