医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

年収いくらから医師は住宅ローンを組める?

年収がいくらなら住宅ローンを組めるか?という問題は、医師に限らずどんな職業の方でも家を持ちたいと考えた時、気になる部分ですが、やはり家を購入する場合は、年収もそうですが、貯金等も大いに関係してきますので、年収が300万円で、貯金が0円というなら厳しいと考えるべきかもしれません。

やはり家を購入、住宅ローンを組むとなると頭金等も必要となりますので、貯金等もきちんとされている場合は、年収が多少低い場合にもローンを組む事が出来るものの、基本、家を購入、マンションを購入する場合、住宅ローンそのものは、人により異なるというものなのです。 借入の算出としては、各金融機関により異なり、返済基準や審査金利、借入する事となる前年度の年間所得等によりその審査の結果がでますので、給与所得者の場合は税込み年収を試算し、確定申告者は申告所得金額や借入の年数により決まりますから、それらの基準、所得に応じ、ローンが組めるか否かが決まるわけです。

また金融機関の返済基準とは年収に対しての年間返済額の割合で返済比率と言うものが定められており、年間所得額が例えば、250万円以下と言う場合は25%以下になりますし、400万円以上と言う場合は35%以下と言う事になり、要するに仮に年収が200万円だとすると、その返済利率は25%以下なので、200×25%=500000ということになりますので、500000万円以内の年間返済額であれば審査をクリアする事が出来ると言う事になります。

ただしあくまでこの審査金利は、基本のものとなるため、審査金利は各金融機関により異なりますし、数パーセントの審査金利という金融機関もあり、尚且つ10年固定金利の店頭金利と定める金融機関もあるので、住宅ローンを組む場合は、こうした金融機関の審査金利と言うものを確認した上で選択される事も大切ですが、先に紹介したような250万円以下なら25%の返済基準とすると、医師の場合年収250万円と言う事はないと思いますが、年間返済額が625000円以内であると審査基準がクリアとなります。

住宅ローンを組むには、こうした審査がありますので、医師、その他職業に限らず、そうした審査をクリアできるとなれば当然住宅ローンは医師もしくは他職業の方でも組むことは可能です。 住宅ローンを組むには、こうした返済基準、審査金利、借入者となる方の年収と借入年数により異なりますので、それらが無理なく組めるか否かは、やはり所得に応じ異なりますが、返済していくのは、借入者なので、医師が住宅ローンを組もうと考えた場合は、年収はいくらとは言えませんが、蓄えがあり、尚且つ紹介したような返済基準が無理なく可能な場合は、ローンを組めると考えてよろしいと思います。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.