医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

医師の常勤換算とは?

医師の常勤換算とは、常勤医師の人数と非常勤医師の勤務時間も常勤医師が勤務した時間に換算し、それを合算して医師の数が常勤となるよう置き換えた場合の数(人数)ということになります。 要するに本来常勤医師が勤務すべき時間より非常勤医師が働いていた時間より上回る事により、常勤換算し計算します。

又この計算はそもそも少数点第2位まで切り捨てとなりますので、この人数を表すのに、○・○人と言うような少数で人数を表す事もあります。 計算の仕方は、『常勤医師の人数』+『非常勤医師が1週間に勤務する時間』÷『常勤医師が1週間に働く事となる時間』という計算になりますが、常勤医師の1週間の勤務時間は、各医療機関により異なりますので、医療機関が例えば常勤医師の勤務時間が40時間を超えると40時間を限度として計算される事となりますし、30時間であれば30時間で割り計算する事となります。

なぜこのような計算が必要になるか?といえば、やはり医療機関における医師不足の問題が存在するからゆえのもので、医療機関ごとに病床数に応じた最低医師の人数が法律で決められていますので、こうした法律に基づき、帳尻を合わせると言ってはなんですが、人数を稼ぐために常勤換算方法が利用されているという事。

だからこそ、実際はアルバイトとして非常勤として働いている医師が実は常勤として計算されていると言うのもこの法律に基づき人数を合わせなければいけないと言う医療機関の都合と医師不足の問題があるからということになります。 常勤換算とは、つまりこのような事情が背景にあり、常勤換算法が使われきちんと人数が確保できているとされているわけですが、実際は、常勤換算された非常勤医師も存在し、非常勤医師も常勤医師の人数に含まれていることも多々あるということになるわけです。

実際ある調査によれば、医療機関は前年度より増え、病床数は減りと言う状況で、常勤換算された医療機関の病院従事者数は数パーセント増えており、尚且つ医師も数パーセント増加しているという結果が出ていましたが、実際その常勤換算により人数に入る非常勤医師もいることは事実なのです。

医師による常勤換算とは、以上のような内容のもので、医療機関が法律で定められた人数をきちんと守らなければいけないので、非常勤医師までその数に入れ計算しているというものと言う事なのです。 とはいえ、医師が不足しているのは事実で、尚且つ医療機関もやはり病床数に応じ最低の医師人数を法律で定められている事から、どうしても人数稼ぎをする必要があるので、この常勤換算法が利用されています。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.