医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

医師<開業医>の事業税は?

開業医となる事により、医師は確定申告をする事となります。 要するに、開業医、自分で開業する事により個人事業税が発生しますので、こうした税金の申告に向けた準備をする必要があります。 この事業税とは、そもそも道府県の課税条例によって開業した事となる事業に対して課せられる税金言え、開業医業医も無論この事業と言う範囲に入りますので、課税事業者と言う事になるわけです。 ただし、医師による開業、開業医の場合は、実際の事業税計算上、社会保険診療に対する収入および必要経費を除外して計算すると言う特例がありますので、その辺を注意し、開業医の事業税の申告をする必要があります。

そもそも個人事業税とは、事業税の対象となる収入から事業税の対象となる必要経費を引き、尚且つ事業主控除×事業税率の計算となります。 又これに示す事業税の対象となる収入及び事業税の対象となる経費とは、社会保険診療に対しての収入をはじめ、必要経費は、事業税では対象外となるので、実際のところ自由診療の収入等が該当する事となります。

尚且つ社会保険診療に対しての必要経費とは、共通費等により区分が難しい事から、社会保険診療収入と自由診療収入での割合により按分することが一般であると言われています。 また、事業主控除とは、年額290万円(一律です)を控除する事ができますが、例えば仮に開業を開始したのが年の途中と言う場合は、その月数分が控除対象と言う事になりますので、お間違えのないように。

例えば、社会保険診療収入がおおよそ5000万円で自由診療収入が1000万円、必要経費はおおよそ4000万円と言う場合の社会保険診療収入に対しての算定は、必要経費が、4000万円なので、4000万円×(社会保険診療収入の5000万円/(5000万円+1000万円)という計算のもと算定できます。 尚且つ事業主控除としての金額は一律290万円となり、今度は自由診療収入の1000万円から(必要経費と先程の算定した額を引き、その残りが290万円以下となれば所得金額が0円と言う事になり、事業税負担が無くなるということになります。

■社会保険診療収入に対する必要経費の算定の仕方 必要経費円×(社会保険診療収入/社会保険診療収入+自由診療収入))=A円となります。※事業控除は途中開業意外一律290万円。 自由診療収入−(必要経費−A円)=○○○万円  ○○○円が事業主控除の一律290万円と比較し多い場合は、その多い分が所得金額となり、290万円より多ければ事業税の負担はその分支払い、少ない場合は、所得0と言う事で負担がなしということになります。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.