医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

医長の年収はどれくらい?

医師も年数が経過し経験や実績を積むことができれば、新たな役職に昇進し年収もアップします。科目医長となる医師の平均勤務年数は約10年です。年齢的には40代半ばで医長になるケースが多いようです。では医長になることによって、年収はどれ位アップするでしょうか。

医師として勤務開始から5年程度は年収600万円から800万円が平均的な相場です。その後、医長になることにより年収1000万円以上になる医師が多くいます。医長になることによって、年収は約200万円から500万円程度アップすることになります。医師の平均年収は約1100万円から1200万円でここ数年は推移しています。つまり医長の年収は医師の平均年収と同じ程度、もしくはそれを超える年収と考えることができます。

医長という役職もやはりどこの病院で勤めるか、どの診療科目で医長となるかなど様々な要素で年収も変わってきます。例えば、ここ数年人気のある診療科目に眼科や皮膚科などがあります。人気があるということは、その科目に携わる医師が数多くいることになります。一般的に医師が多い診療科目の場合、平均年収はそれほど高くなることはあまりありません。人数が多いので、年収をある程度低く設定しても求人にたいする応募があるためです。それで、病院内にもライバルが多くなるため医長に就任するためにも通常よりも年数が必要になる場合もあります。産婦人科医や小児科医などは常に医師不足といわれているので、医長になるのも他の診療科目に比べて早いかもしれません。病院の規模が大きく、医師の間で人気のある診療科目で勤務するなら、医長としての年収も平均的な相場になります。

地方都市で勤務するならば、都心部で働くよりも好条件で働くことができるかもしれません。例えば、長崎県や熊本県、北海道などは医師の平均年収は約1700万円を超える高水準です。上記で述べたように、医長としての年収はおよそ医師の年収と同程度もしくはそれ以上の傾向があります。医師が不足している地方都市で若い時から働くことにより、比較的早い段階で医長に就任することも可能です。ですから、こうした都道府県で働き医長に就任することができれば、全国の医師平均年収よりも高収入を稼ぐことができるでしょう。さらに病院の規模が小さくなると、給与や年収は高くなることが多いです。医師の人数が少ないゆえの様々な雑務などもありますが、年収で考えると都心部の大規模病院で働くよりも約300万円から500万円程高収入になる計算です。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.