医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

医師の貯金の平均はどれくらい?

医師の貯金は、やはり勤務する医療機関により大幅に事なり、その額もピンからキリまでというかたちとなります。 要するに、収入が高めの医療機関で長年医師として勤めると、その医師の貯金は、おおよそ3000万円もしくは8000万円と言うのが当たり前で、給与が低めに設定されている医療機関では、貯金額がおよそ医師職5年目で500万円程度と言う医師もおりますので、医師の貯金は、勤める医療機関により異なり、その差も非常に異なると考えられます。

中には、マンションの頭金で貯金が無くなったと言う方もいれば、1億近い貯金をお持ちの医師も存在するので、医師といえども、やはり勤め先により大きく異なる事がわかります。 とはいえ、医師全般の貯金額をみてみると、平均およそ800万円〜1000万円以上となるので、やはり医師のみなさんは収入が良いだけに貯金額も高めであることは確かなようです。

ある医師の話では、今のところ独身ということで、家庭を持つ身ではない30代医師と言う事で調査結果を報告すると、年収はおおよそ1200万円(卒後勤続5年目)となり、ボーナスが1年に200万円前後となりますので、普通に考えて少しためただけで医師の貯金はすぐに1000万円を超えると言う事がわかります。 もちろん、収入分を毎月貯めると言う事をしなければ貯金額も増えませんが、収入が良いだけに医師と言う職業をされる方は貯蓄も確りとされておられます。

ただし、これは医療機関によるもので、医療機関における収入が低い場合は、同じ医師として勤めても収入が少なく、それゆえに貯金が出来ないと言う医師もおりますので、中には略0円に近いという医師も実際いますから、医師の貯金は勤め先により大きく異なるので、年収をもっと上げたい、貯蓄をしたいという医師のみなさんは、もう少し医師としてやりがいの感じられる医療機関への転職等も検討されるべきではないかと思います。

同じ医師としての仕事をしながら、収入&貯蓄額は、非常に幅があるので、万が一収入における不満のある場合は、医師転職サイトの利用を検討し、医師に有利な転職が出来るようにされるほうが良いのではないかと考えます。 結論として、医師の貯金の平均は、多い場合で1億を超える医師もおり、尚且つ貯金が無い医師なら略0円もしくは50万円前後と言う事から、医師としてのやりがいは収入だけでは無論ありませんが、医師としての役目をやりがいを感じできるように医師転職エージェントの利用を検討し、転職のプロであるエージェントのサポートを受けながらの転職が、貯金を殖やし、収入を増やすことになるのではないかと考えます。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.