医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】

医師の10年目の年収の相場は?

医師による年収の相場は、各医師の勤める医療機関により異なります。 例えば、勤務医であるとか、開業医である等によりやはり収入は異なりますので、医師が就職を考える時、仕事への理想はもとより、こうした収入面における認識をしておく事が大切かもしれません。 というのも、中には、時給数百円で毎日働いていると言う医師も存在する事から、医師も医師として働く環境を選択するとき、どの道を選択すべきか?と言う部分をよく検討し決断されるほうが後悔なく医師として働く事につながります。

ただし、基本的に日本の医師の収入は、他国の医師に比べ非常に低く、アメリカ等では卒後5年にして既に年収数千万円と言われておりますので、日本医師は、とにかく他の医師より収入が低いと言う事は確かではあります。

そこで、医師の年収を調査したところ、勤務医は、おおよそ年収が1200万円前後、開業医の場合で2000万円前後という調査結果が出ています。 例えば、この年収で考えると、医師は経験を積むほどに年収が、あがっていくものと考えがちですが、実は、医師の収入は、平均はこうした数字が並ぶわけですが、実際に大学病院の講師等をされている医師(卒後20年)の場合ですと、年収は800万円弱と言う事ですから、医師の収入に関して言えば、卒後5年でも既に1000万円近い収入を得られる方もおられれば、尚且つ10年以上たっても1000万円に届かない医師もいますので、医師の収入は、その医師としての活躍の場により大きく異なる事がわかります。

また大学病院等へ勤務される医師歴10年と言う医師の年収はおおよそ900万円弱で、この医師の場合、バイト医師としても収入を得ており、バイト医師としての収入の方が本業より上回る収入を得てバイトによる収入は年収1000万円前後になると言う事ですから、効率的に考えると、やはり選択肢を収入に絞り、転職等も検討されるほうが医師自身の負担も軽減されるような気がしますが、医師の収入はこのように、様々な形により平均値(相場)よりかなり低い場合と、それ以上と言う事が言えるのです。

一般論、調査の上では医師の10年目の収入は、おおよそ1000万円〜2000円と言う数字があげられ、少々幅はありますが、多くの医師がこの範囲に該当すると思われるものの、医師が医師として働く環境によりこれは全くことなり、先に紹介するような1000万円に届かない収入と言う医師もいれば、平均より大幅に上回るという医師もおり、医師の収入とは、やはり選択肢を誤ると、大きく事なてしまうと言う事が考えられるのです。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.