ドクターヘリの医師の年収

ドクターヘリの医師の年収

ドクターヘリに搭乗する医師はフライトドクターとも呼ばれていて、救急医療の経験や知識、そして実力を兼ね備えていることが最低限の条件となります。最先端の設備が完備されている病院の中で最先端の医療を提供する医師とは全く異なる才能やスキル、瞬時の判断能力が求められるフライトドクターは、どのぐらいの年収を稼ぎ出しているのでしょうか?

ドクターヘリの医師は、ヘリポートが設置されている大規模な病院の救命救急科に配属されている医師が対象となります。救命救急科で働いていても、その病院にヘリポートがなければドクターヘリの医師になることはできませんし、勤務している病院の屋上にヘリポートがついていても、救命救急科に勤務していなければドクターヘリの医師になることはできません。フライトドクターになりたい場合には、まずは救命救急科での経験や知識、実力をつけてから、ヘリポートがついているような大規模な病院への転職を考えると良いでしょう。

気になる年収ですが、基本的にはその病院の医師の給与水準にのっとった給料形態となっています。ただし、フライトドクターはニーズがあればヘリコプターに搭乗して災害地や別の病院へ行きますし、災害地において医療行為を行うこともあります。そのため、フライトドクターを抱えている病院の多くは、ヘリコプターに搭乗したら回数に合わせて手当が支給されたりする、フライトドクターにしか適用されない手当などもあるようです。

フライトドクターはまた、いつもヘリコプターに乗ってあちこちを飛び回っているわけではなく、ドクターヘリのニーズがない時には救命救急科で働いています。他の診療科目と比べるとかなり激務度が高い救命救急科では、昼夜を問わずに運び込まれてくる患者さんの治療を行うことになり、夜勤をしている時にドクターヘリの要請が入ることも少なくないようです。

そう考えると、ドクターヘリの医師の年収は、いくら高くても高すぎることはないような気がしますね。ちなみに、ヘリポートが屋上に設置されている病院は、国立病院や最先端の医療機器が完備されている大規模な病院が一般的。そうした病院では医師の年収も水準が高いため、各種手当を含めれば、医師の年収が1000万円を超えるケースは珍しくないようです。ただ、それでも激務過ぎるため、フライトドクターを希望する医師の数は減少している傾向にあるようです。年収と激務のバランスって難しいのかもしれませんね。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.