病理医の医師の年収

病理医の医師の年収

医師というと、病院の外来病棟や入院病棟などで患者と接しながら医療サービスを提供しているというイメージがありますが、病理医は患者と直接接することが少ない診療科の医師と言えるのではないでしょうか。病理医とは、病理診断を行う医師のことで、医師の中でも専門的な資格が必要になる専門医でなければいけません。医師免許を取得していることは言うまでもありませんが、病理診断の分野で5年以上の経験や実績を持っていることが病理医になるための条件。資格取得までに50体以上の病理解剖をしていなければいけないため、病理医の資格を取得する頃には既に専門家として十分な経験があるということになります。

医師の中でも研究職というイメージが強い病理医は、患者と直接かかわることがないため、残業や当直なども一切ありませんし、手術を行うこともありません。そのため、医師としての基本給に上乗せされる各種手当が比較的少ないため、最終的に手にする年収も平均すると1100万円〜1800万円程度が多いようです。

医師として専門性を極めて取得した資格なのに、この程度の給料しか稼げないのか?と憤慨する人も少なくないかもしれません。実際、ほかの診療科目で働く医師と比べると、病理医の平均年収は決して高いとは言えませんし、待遇面を改善しなければ病理医の数も減少が続くと危惧されています。病理医がいなければ日本の医学は進歩しないと言われていて、難病を治療する方法が見つかったり、インフルエンザやガンなどの治療に有効な方法が見つかったりするのも、全て病理医の活躍によるところ。最近では病理医の年収も高めに設定された高待遇な求人も増えてきているため、大好きな研究をしながら年収アップも目指したい病理医にとっては、転職のチャンスを見つけやすくなっているようです。

病理医の転職で年収アップを目指すためには、医師の転職に精通しているプロの転職サイトを活用する方法がおすすめ。職場環境や待遇などの膨大なデータを把握しているカウンセラーが、自分の希望や条件に合った転職先を素早く紹介してくれます。自分自身の経験や実績によっては、募集されている求人の年収や待遇よりも良い待遇で転職できるように交渉してくれることもあるようです。求人募集に直接応募する場合には、そうした交渉もすべて自分が行わなければいけませんが、転職サイトを活用すればすべて代理で交渉してくれるのが魅力です。自分の実力をマックスに評価してくれる職場を見つけるなら、転職サイトを活用する方法が良いでしょう。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.