医師年収の地域別分布

医師年収の地域別分布

一般的に東京や大阪といった都心には大手企業が集中し、雇用機会が多いとともに地方より給与は高めです。しかしながら医師や薬剤師といった医療従事者の場合、地方の深刻な医師不足、崩壊寸前の地域医療の疲弊から、このセオリーが逆転する事態が起きています。つまり医師年収は地方や辺ぴな僻地に行けば行くほど高額になる傾向があり、地域差が生じています。

 平成22年度の統計データのよると医師年収の平均は月収約88万円、年収1,200万円ほどです。一般病院の勤務医で肩書きのない医師の場合、平均年齢40歳で月収約100万円、医科長や診療部長などの役職クラスになると平均年齢45歳で月収120万円、副医院長140万円、医院長150万円が相場のようです。開業医の場合には、月収は250〜300万円と言われていますが、開業医の平均年齢はすでに60歳前後に達しています。医師なら誰でも開業できるというわけでもなく、どんな小さな診療所でも開業するには約1億円の資金を必要とするのです。

地域別に医師の年収を見ると、北海道の医師年収が一番高く約2,300万円、低いのは奈良県で約1,100万円となっています。岩手県・青森県・山形県など東北各県は軒並み高水準なのに対し、西日本は全体的に医師年収が低い傾向にあります。東京都・大阪府・神奈川県などの大都市圏も医師年収は比較的低く、ケースによっては北海道の高額年収との間には約2倍もの差が生まれています。北海道・東北地方をはじめ、近年は北陸や山陰地方など豪雪・辺ぴなエリアは概して医師不足が深刻で医師年収は高い傾向にあります。高い年収で医師にオファーし、ようやくつなぎとめている状態が見て取れます。

 こうした年収の格差は医師年収が高いトップ10の道県ではベッド100床あたりの医師数が平均9.4人なのに対し、医師年収が低い10の都府県は12.3人、と医師数の不均衡にあります。ここには医師約3名の差があり、年収とともに仕事も勤務するスタッフに分担されるため、業務は過酷を極めているようです。 約5,500万円という破格の年収で三重県尾鷲市の市立尾鷲総合病院に勤務していた産婦人科医は、たった数日の年間休日で院内に寝泊まりしながら勤務するも1年後には退職しているように、高額年収による医師確保が必ずしも成功しているわけではありません。過疎地の医師不足に歯止めはかからず、医師不足→過酷な仕事→退職・離職の負のスパイラルを早急に断ち切らなければ地域医療は崩壊してしまいます。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.