アメリカの医師年収

アメリカの医師年収

平成22年度の統計データのよると医師年収の平均は月収約88万円、年収は約1,200万円です。一般病院の勤務医の場合、平均年齢40歳で月収約100万円、医科長や診療部長などの役職クラスになると平均年齢45歳で月収120万円、副医院長140万円、医院長150万円が相場、開業医の場合には月収は250〜300万円と言われています。 日本の医師年収の特徴は内科・外科・産婦人科というように診療科別による年収差は比較的少なく、年収は年功序列的で経験やキャリア、勤務先の病院に左右される傾向にあります。また地域差が顕著であることも大きな特徴で、医師不足が深刻な状況にある地方・僻地・離島勤務の医師年収は高く、若手の医師でも年収2,000万円で引き合いがあったり、ケースによっては4〜5,000万円台のオファーしてくる病院もあります。

こうした日本の医師年収に対してアメリカの医師年収をある米国政府の調査からみて見ると、アメリカの場合には比較的専門とする診療科による収入差が見られますが、平均するとアメリカの医師年収は1,500〜2,000万円前後です。‘アメリカの医師年収の方が高い’‘アメリカの方が優遇される’という感覚や雰囲気はありますが、平均年収の実際としては日本の医師年収よりまあ高いぐらいと言えるでしょう。医師よりもむしろアメリカの薬剤師年収が平均して1,000万円を超えるのに対して日本の薬剤師は平均年収500万円前後、保険制度や社会的責務の違いから薬剤師の方が日米格差は顕著かもしれません。

 平均年収において日米間さほど大差がない一方で、ホームドクター;4,000万円、循環器系内科医;6,000万円、麻酔科医;1億円、放射線科医;1億円以上など破格の年収を得る医師もおり、大腸内視鏡検査40万円、人工中絶60万円、心臓移植2,000万円、というように担当する医療行為や処置によっても年収が変動してきます。またアメリカというお国柄、労働環境は日本よりはるかに優遇、プライベートや家族との時間への配慮があります。オンコール、時間外勤務、年間休日などについても確固たる規定があり日本より働きやすい、仕事を続けやすい環境であることは確かでしょう。  ただし日本の医師が医師賠償責任保険の保険料を年間5万円ほど負担するのに対し、アメリカの場合には外科医で約1,200万円、内科医は約45万円保険を負担しなければなりません。権利意識が強いこともあり訴訟や刑事罰といった面も考えると日本の医師の方がある意味守られている部分もあるようです。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.