60代の医師年収

60代の医師年収

医師の平均年収に関しては約1,000万円から1,500万円程度と言われていますが、医師の年収については実態把握が難しいです。また勤務する病院・診療科・役職・年齢や当直・時間外手当・外勤などによって年収には大きな差がついてしまいます。その為、医師の年収は他業種と比較する目安のひとつになっても、個人の医師が現状と照らし合わせてみるには参考にならないことも少なくありません。

しかし平均年収の全体像を理解することによって、自身の勤務状況や能力に対して現在の収入が適正なものかどうかを考える参考になると考えられます。一般的な収入相場と比較して妥当なのか、多いのか、少ないのかは、転職を意識する医師にとって少なからず関心のあるところです。また年収というのは、勤務先から医師としてどのような評価を得ているのかを表すひとつの要素なので、そうした意味でも気になると考えられます。

60代の勤務医全体の平均年収ですが、60代前半の男性では約2,100万円、女性は約1,600万円、60代後半の男性では約1,700万円、女性は約1,400万円程度です。勤務する医療施設の規模別で見ると、大学病院や基幹病院などといった大規模病院では、男性は約1,800万円〜1,900万円、女性は約1,000万円前後になっています。市中病院などの中小規模病院では、60代前半の男性は約2,100万円、60代後半になると約1,800万円、60代前半の女性は約1,700万円、60代後半になると約1,400万円程度です。クリニックや医院では、60代前半の男性は約2,100万円、60代後半になると約1,800万円、60代の女性は約1,500万円程度となっています。

ただ繰り返しになりますがあくまでも参考的なデータであって、すべてに該当するわけではないことを理解しておきましょう。その為、実際に高年収を得ている60代の医師も存在していますし、少ない年収になっているケースも考えられます。もし現在の収入をアップしたい、現状の収入に不満があるのなら、非常勤アルバイト医師として活躍することや、転職することを検討するのもひとつの方法です。医師不足や常勤医師の負担軽減などの理由から、非常勤アルバイト医師の活躍の場は多くありますし、好条件の転職先も少なくありません。60代の医師であってもまだまだ体力があると考えられますし、患者や地域医療に貢献することにもつながる可能性があるので、アルバイト先や転職先を探してみるのもおすすめです。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。


医師年収アップランキング

医師年収の基礎知識

年収アップを支援する
転職エージェント

年齢別の医師年収

年収別の医師求人

その他の医師年収関連


▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.