50代の医師年収

50代の医師年収

医師とは病気やケガを治す絶対的な存在であり、その手に人の生命がゆだねられます。一人の医師として活躍できるようになるまでには、膨大な知識・技術の積算と、長い時間・多くの生命との対峙の中で高度な技術を習得していかなければなりません。医師は医師になると決めたその瞬間から医学・医療に対する自己研鑽を生涯にわたって必要とされ、生命を救う方策を考え抜くことがミッションとなってきます。学業・国家試験・研修医・医師のたまごとしてスタートを切る20代、医師としての成長期に入る30代、充実期にある40代を超え、50代はベテランの域に入ってきます。そして医師数として最も多いのが50代の医師です。

平成22年度の統計データのよると医師年収の平均は月収約88万円、年収は約1,200万円です。医師50代ともなると副医院長・医院長クラスのポジションにつく医師も多く、年収は1,800〜2,000万円、50代の医師年収は平均して1,000万円台後半と見られます。 50代に入ると長時間病院に拘束される勤務、睡眠時間が充分にとれない勤務となる病院の勤務医(勤務医で一番多いのが40代)としては体力的にハードな局面を迎えます。そのためキャリアチェンジを考える医師も多く、そのひとつが開業医という選択肢です。開業する医師の約30%は50代の医師と最も多く、40代、70代が続きます。一般的な開業医の年収は約2,500〜3,000万円、最高で約6,000万円と言われています。診療所やクリニックの規模、開業する診療科目の別、地域や立地から見た必要性によって違いはありますが、病院経営が軌道に乗り、継続的に患者さんがくる開業医であれば先にあげた年商2〜3,000万円は固いようです。

 医者であれば誰でも開業できるというわけではなく、どんな小さな病院でも開業するには初期投資に非常にお金がかかります。医療機器や機材は中古品でも数百万円、新品であれば数千万円単位でコストがかかってくるため、開業資金としては約1億円が必要です。開業する50代までに資金の目途が立っていれば問題ありませんが、開業資金のローンを組めば、最初のうちはローン返済、病院を経営していくための諸経費や人件費もかかってくるため、年収(年商)が2〜3,000万円あったとしても実際に医師の手元に残る額は半分ぐらいかもしれません。代々続く医家であったり、既に開業している病院を継ぐ場合には病院経営の軌道や初期投資を心配する必要なく高額年収が期待できるでしょう。 医師という職業は定年がないため、60代、70代となっても活躍される方がたくさんいらっしゃいますが、体力的な点から50代がひとつの転機となっているようです。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.