年収500万程度の医師求人

年収500万程度の医師求人

年収500万程度の医師求人を探す場合、勤務日数の少ない非常勤医師としての仕事が向いています。多くの医療機関では医師不足が深刻化していますから、高報酬を提示して新たな医師の獲得を目指す病院が占めているため、医師としての年数が少ない500万円程度の医師求人であれば、勤務時間や日数が少なく体への負担が少ない仕事を選ぶことができます。年収500万円程度で探す場合には、月収45万円ほどの医師求人を探すことが鍵になりますが、いくつかの例に分けて考えてみることもできます。

1つ目は当直で短期間である程度の収入を確保する方法です。当直の場合診察内容にもよりますが、高報酬を提示する医療機関が多くを占めています。平均日給は70000円ほどですが、勤務内容や病院の規模によっては日額100000円を超える報酬を提示する病院もあります。70000円ほどの日当であれば7日の出勤で、日額100000円であれば5日ほどの勤務で年収500万円を目指すことが可能になります。当直は体力がかなり求められるため、ある程度体力に自信がある医師向けと言えます。例えば年収500万程度の医師求人として大阪府の総合病院の当直募集を見ると、一日あたり100000円の報酬が設定されています。

次は日勤の非常勤医師として年収500万円を目指す場合です。日勤の場合、時給制や日給制に分かれていますが、時給制の場合医師経験10年以上で10000円程度の時給が補償されるケースが多くあります。この場合勤務時間が8時間であれば月8日程度の診察で年収500万円のベースをクリアすることができる事になります。

医師経験年数が短い場合は時給が半額程度に下がりますが、この場合でも月16日程度の勤務で500万円の年収を得ることが可能です。例えば育児や家事と医師としての仕事を両立したいと考えているドクターであれば楽にこなせる仕事量になるかもしれません。山梨県の外科を専門とする病院では日勤での非常勤募集で時給が10000円、勤務時間は8時間ですから日当は80000円という計算になります。年収500万程度の医師求人にかなう求人案件です。

別のパターンは大学の医局に所属する場合です。この場合は報酬というよりも研究がしたいというドクターに向いています。医局の研究医の場合報酬ができる場合でほぼ年収500万円ほどです。医師としてはかなり少ないとお感じになるかもしれませんが、大学病院での教授を目指すなどの将来の目標がある方にとっては必ず踏むステップになります。研究活動にかなりの時間が取られるため、非常勤医師の他の仕事をしながら医局で働く医師もいるほどです。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.