30代の医師年収

30代の医師年収

日本の医師年収の特徴は内科・外科・産婦人科というように診療科別による年収差は比較的少なく、年収は年功序列的で経験やキャリア、勤務先の病院に左右される傾向にあります。‘転職をしたら年収が倍になった!’というのはよく聞く話です。また地域差が顕著であることも大きな特徴で、医師不足が深刻な状況にある特に北海道や東北地方、過疎化が進む山陰地方、長崎や沖縄などの離島勤務の医師年収は高く、若手の医師でも年収2,000万円で引き合いがあったり、ケースによっては4,000万円、5,000万円でオファーしてくる病院もあります。

平成22年度の統計データのよると医師年収の平均は月収約88万円、年収は約1,200万円です。一般病院の勤務医の場合、平均年齢40歳で月収約100万円、医科長や診療部長などの役職クラスになると平均年齢45歳で月収120万円、副医院長140万円、医院長150万円が相場、開業医の場合には月収は250〜300万円と言われています。 医師年収は研修医後の進路によって差が出てくるといわれており、大学病院医局勤務の20代後半〜30代前半の医師で300〜600万円、市中病院勤務の5〜10年後の医師で1,000万円台、30代でも部科長など役職クラスの医師になれば1,500万円超を期待できるようです。総じて30代の医師年収は1,000万円を超えています。

 医師年収と仕事のボリュームは比例しており、全国的に人口当たりの医師数が少ない環境のため、勤務先によっては破格の年収オファーの裏に殺人的な労働環境があるようです。心臓外科医の月収500万円、産婦人科医の年収5,000万円以上などという医師年収のケースはありますが、旅行に行ったり、家族と外食をしたり、お酒を楽しむなど生活行動の全てが拘束されることもあり、ある意味では高額年収と引換えに人間的な生活を犠牲にしなければならない部分があります。こうした状況はフィアンセがいても結婚できなくなってしまったり、家族がいても愛や絆がなくなってしまいかねません。年収が高くても失うものも大きいのが医師なのかもしれません。

 30代で年収1,000万円、場合によっては数千万単位で年収を得る医師ではありますが、意外に出費も多いのが医師という職業のようです。スペシャリストとして知識やスキルを自己研鑽していくことが求められる医師は、学会費用(出張含む)・医学雑誌や専門書籍・論文取り寄せなど自己投資に百万円単位使う医師も多く、研究熱心な医師は自分で借金までして医療機材を購入する人もいるそうです。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.