年収2500万程度の医師求人

年収2500万程度の医師求人

年収2500万程度の医師求人を探すには診察科目がある程度限定されてきます。多くあるのが産婦人科医の募集です。産婦人科医は減少の一途をたどっていて、医師数が増加しているにもかかわらず減少を見ている珍しい診療科目でもあります。これは産婦人科医が激務であるというイメージが強いことと、少子化が進んでいることが理由に挙げられます。また高齢化に伴って婦人科を受診する患者が増えているにも関わらず、婦人科医が増加していないことが拍車をかけています。逆に言えば産婦人科医にとっては報酬を上げることができるチャンスと捉えることができるかもしれません。

産婦人科医に取って大きな役割を果たすのが分娩ですが、妊婦の陣痛はいつ起きるか予測がつかないため、医師は24時間体制で妊婦を見守らなければなりません。日勤と当直を同時にこなさなければならないケースも有るため、体力的にかなりの負担が強いられます。そして医師の数も多くないためどうしても一人の医師の負担が大きくなってしまう傾向が見られます。もちろんこうした勤務状況の苛酷さだけで医師が減っている理由にはなりませんが、年齢とともに当直は大変になっていきますから、どうしても産婦人科を離れる医師が出てしまうのは仕方がないことです。

実際の求人を見てみると、年収2500万程度の医師求人は産婦人科に多く見られます。ですから多少の激務に対応できるのであれば、報酬を上げることができる職種とも言えるのです。例えば北海道登別市にある医療法人では産婦人科医の求人を行なっていて、年収は医師歴10年以上で2500万円です。勤務は基本的に月曜日から金曜日までが午前8:30から午後5:00までで、土曜日は午前8:30から正午までの勤務です。当直が月に4から6回あり、当直の際には手当が別途支給されることになっています。有給休暇も設定されていますから、時折長期の休暇を取って体を休めることもできます。

年収2500万程度の医師求人は産婦人科医に限りません。例えばがん治療などの専門的な医療を提供する医療施設の求人もあります。静岡県の浜松市に拠点を置く総合病院では老人向けのがん治療を中心に行なっていますが、がん治療経験を持つ医師を募集しています。年収は2500万円以上、勤務時間は午前8:30から午後5:30までで土日が休みです。夜間当直は月に5回前後あり、老人向けの療養を主に担当します。年末年始と夏休みもあり、福利厚生が充実しているのも魅力です。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.