20代の医師年収

20代の医師年収

医師とは病気やケガを治す絶対的な存在であり、その手に人の生命がゆだねられます。医師になるには、医大や医学部で6年間の学業を積み、医師国家試験を経、さらに研修医として臨床で多くの経験を重ね、ようやく独立したひとりの医師として患者さん・生命に向き合っていくことになります。こうして医師として活躍できるようになるまでには、非常に長い時間を必要とし、その間に人の生命を預かれるだけの知識と技術を習得していかなければなりません。医師となってからも進歩を続ける医学・医療に対する向学、生命を救う方策を考え抜くことは大きなミッションとなってきます。また知識やスキルとともに、生命への倫理観や人道性を備えた高い人間性が求められる職業です。

 そんな医師の年収は時代を問わず高額です。平成22年度の統計では医師の平均月収は約88万円、ボーナスを含めた年収は約1,200万円になります。医師になるまでの努力、医師としての社会的責任や役割など、根本的に土俵は違いますが、近年年収額が若干落ちているとはいえ、一般企業に勤めるサラリーマンの年収が400万円台であることを鑑みると、年収差は数倍です。  一般的な医師の年収設計は、一般病院の勤務医の場合、平均年齢40歳で月収約100万円、医科長や診療部長などの役職クラスになると平均年齢45歳で月収120万円、副医院長140万円、医院長150万円が相場で、開業医の場合には月収は250〜300万円と言われています。

20代の医師年収は、まずは大学卒業・医師免許取得後は初期臨床研修2年間が義務化されており最初の2年間は研修医として勤務します。この間は厚生労働省の規定もあり月収は30万円程度ですが、医師不足が深刻な地方の病院によっては研修医にも月収35〜40万円出す所もあるようです。浪人や落第にあぶれずストレートで研修医まできた人は、24〜26歳は年収400万円前後、研修医時代の2年間は一般のサラリーマン年収並と考えてよいでしょう。 医師年収は研修医後の進路によって差が出てくるといわれており、大学病院の医局に進めば20代の年収は研修医時代に少し上乗せする程度ですが、市中病院に進めば年収600〜800万円を見込むことができ、20代後半には年収1,000万円を超える人も出てきます。

 医師年収は卒後何年目であるか、スキル・知識に加えて勤務先の病院に大きく左右されます。そのため20代の若手医師とはいえ、年収2,000万円近く稼ぐ人もいれば年収600〜800万円で伸び悩む人もいます。ただし年収に比例して仕事量の多さ・激務であることは認識しておく必要があります。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.