年収1000万程度の医師求人

年収1000万程度の医師求人

医師の全国的な平均年収は1400万円ほどです。この平均値からすると、年収1000万程度の医師求人は比較的見つけやすいといえるかもしれません。私立病院であれば、医師の経験や知名度によりかなりの報酬を得ることも可能ですが、そこまで高望みしなくても十分手が届く範囲です。しかし注意したいのは、医師としての経験を既に持っていて、実績を積んでいる場合にこの条件が当てはまります。そうでない場合は高いハードルになります。例えば、新卒医師の場合ですが、この場合は1000万円を目指すのはなかなか簡単には行きません。1000万円台の報酬に到達するには、おそらく病院での採用後5年以上はかかる可能性があります。病院での勤務実績や医師の経験を積みながら1000万円の大台を目指すことになります。

医師としての経験や実績を既に持っている方であれば、年収1000万程度の医師求人を見つけるのはそう難しくはありません。例えば長野県の私立病院の常勤医師の求人を見ると、年間報酬が1200万円で、日勤に加えて時折当直の勤務が入ります。報酬の条件は医師経験が免許取得後5年以上であることです。5年以上の医師経験があれば比較的楽に1000万円の報酬を得ることができることがわかります。狙い目は大都市圏よりも地方です。理由としてあげられるのは地方の病院の方が高額な報酬を提供して医師を確保する動きがあるからです。

関東圏で年収1000万程度の医師求人であればかなりの選択肢が広がります。診察科目も多岐にわたり、自分の経験を生かした形で勤務することが可能です。埼玉県春日部市の総合病院の求人を見ると、日勤での医師の求人があり、診察科目は眼科です。医師経験が10年以上であれば年収1300万円が保証されます。経験年数が5年の場合は1000万円ですから、ある程度医師としての経験を積むことで、報酬がかなり上がることがわかるはずです。

国公立病院での採用を目指す場合、年収は1000万円ほどが多いと言えます。年収1000万程度の医師求人情報を見ても、県立や国立病院の募集が多いことに気付きます。これはそれぞれの病院に勤務する医師が公務員とみなされるのが理由です。公務員の給与は国もしくは地方自治体が決定します。公務員の給与水準に照らし合わせて報酬が決められることから、年収は800万円から1200万円ほどが相場となっています。ただし福利厚生などのサービスが手厚いため一概に私立病院と比較して報酬が安いといえるわけではないことも知っておくとよいでしょう。

年収アップをサポートする医師転職サイト!最新人気ランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 全国 ★★★★★ 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細
エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★ 詳細

※医師求人支援で30年の実績のリクルートドクターズキャリアが連続1位獲得中です。
※メディウェルが運営する医師転職ドットコムも常勤の転職では人気です。
※まずは常勤転職でなくリクルートを使って高収入バイトから探すことをお勧めします。



▲このページの上部へ
[医師年収関連のよくあるQ&A] 医師のバイトと本業の割合は? 医師の年収で青色申告が必要な場合は?
医師の貯金の平均は? 医師の源泉徴収は? 開業医の事業税は? 医師の収入アップの方法は? 医師に優遇税制は?
医師の常勤換算とは? 医師の10年目の年収は? 医師の雑所得の計上方法は? 医師は住宅ローンを組める?
医師のボーナスは? 医師開業は年収アップに繋がる? 医師の節税の方法は? 医師で儲かる科は? FAドクターで年収は上がる? 医師年収の手取り相場は? 医師年収の県別ランキングは?
医師年収の最高はどの程度? 医師年収の格差は? 医師年収の将来性は? 医師年収の初任給相場は?
医長の年収はどれくらい? 田舎の医師年収はどれくらい? 都会の医師年収はどれくらい? 定年後の医師年収は?
Copyright (C) 2011-2017 医師年収アップランキング【※年収アップを目指す医師の方へ】 All Rights Reserved.